TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

臼杵港のサヨリ釣り

2017年 9月 13日 13時頃

9月13日、小潮。朝夕は秋の兆しがあり、涼しく感じられるようになった。前回、臼杵港へ黄金アジ釣りに行った際、エンピツ大のサヨリに邪魔されたので、今回は妻を誘って、そのサヨリ釣りに出掛けてみた。昼前に現地に到着してみると、数人の方が竿を振られており、少し離れた所に釣り座を構えた。他の方はカゴ釣りでサヨリを狙っているが、私達はマキエ釣りで釣ることにした。準備してきた沖アミ生1角に、マルキューの集魚剤「グレパワーV9」と「爆寄せグレ」を混ぜ合わせたマキエを仕上げて、15〜20m先へマキエを数ハイ打つと、波紋が立ちサヨリの姿を確認。それを見て仕掛け作りに入る。

飛ばしウキに釣研「管付き円錐EX」と「グレスポット/0号」のアタリウキの2段仕掛けに、ハリスは「ジョイナープレミアム/0・8号」を1m取り、ハリはオーナーばり「金袖/5号」を結んだ。ツケエは沖アミ生Sと「くわせオキアミVパック」を準備。一足先に釣りを開始した妻は、1投目から「来ました!」とエンピツ大に成長したサヨリを3連チャン。サヨリが好釣なのを確認してから、私も沖アミ生の頭と尾を取ってから20m先のポイントへ投入すると、「スー」とウキが消し込むアタリがあり、アワセを入れるとエンピツ級のサヨリがヒットした。2投に1回は釣れるパターンで、さらにマキエを打ち続けていると「入れ食い」となり、横にカゴ釣りの方が2名来られた。この日は風もあまり無く、背中からの南風が少し吹く程度で釣り易いが、途中からサヨリの食いが渋くなり、マキエとツケエを工夫しないと釣れない時間帯があった。

お昼の休憩後、13時の満潮前後には再び入れ食いとなり、手前に仕掛けを入れるとコッパグロがアタり出して、30㎝のタナで手の平サイズまでのクロが釣れる始末である。中央部のチヌ狙いの人が大きく竿を曲げて釣ったのは、25㎝の立派なアジであった。

マキエを先打ちして波紋が消えた頃、仕掛けを投入すると食いが良く、ヒット率も高いようで、この感覚はクロ釣りと似ているようである。サヨリ釣りを続けているうちに、今までとは違った重い引きに遭遇。上がって来たのは、サヨリが1本バリに2匹掛かるという珍事が起こり、皆さんに笑いが起きた。以前、クロ釣りでも2枚掛けた時のことを思い出した。その後、潮が引きの3分頃になった16時、頑張ってサヨリを2 人で147匹も釣っていた。今回の釣りで思った事は、ハリの大きさとツケエの工夫がサヨリの釣果を左右すると言っても過言では無いということ。ちなみに私は、ハリはオーナーばり「金袖」の4〜6号を使い、ツケエは沖アミ生Sと「くわせオキアミVパック」を使用しました。これからサヨリ釣りに出掛ける人の参考になればと思う。

JFC大分・MFG九州/仲國勝・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード