TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

蒲江でルアー三昧

2017年 8月 19日 14時頃

8月19日、中潮。朝の高速を飛ばして蒲江に向かう。レンタルボートを借りての沖釣りはここでは初めて。タイラバでのマダイ釣りがメインの目的だ。情報収集はもう2年ほどしてきたが、なかなか来る機会が無く、ようやく夢が実現した。現地到着の5時半には、すでにイカダ釣りのお客さんたちで駐車場は一杯。早く出たい思いの中、先客をイカダへ送ってからの店主の説明となり、朝まずめの時間が流れてゆく。マダイの釣れ具合を尋ねると、「数日前に爆釣」と頼もしい答えが返ってきて、一気に気合いが入る。

ベタ凪の海を疾走して湾外へと出ると、すでに数隻の船が釣りをしていたが、釣れている雰囲気が無い。しばらく魚探を見ながら底の様子を頭に入れてゆく。タイラバを入れてみると、小さなアタリが数回あるも食い込んでこず、そのまま静かになってしまった。そうこうしているうちに、廻りでベイトフィッシュのボイルが見られるようになってきた。鳥も集まり急降下ダイブが始まる。こんなこともあろうかと用意しておいたショア・ジギングの竿に40g のジグをセットして、鳥山から少し離れたところから長距離砲で攻めてみる。1投目からいきなり来たがバラシ。再度同じ場所へ投げると再びストライク。巻いて来ると暴れている魚がなぜか2匹見える。上げて見ればなんとジグの上バリと下バリにそれぞれ1匹ずつシイラが掛かっていた。その後もシイラをいくつか上げると、早くも中型クーラーが一杯に。大きいクーラーを持ってくると釣れないというジンクスから逃れたのは良いが、まだ8時前。今日は大変なことになりそうな予感。

ベイト、シイラ、鳥のお三方がどこかへ行ってしまったので、再びタイラバを始める。同乗の友人が「乗った、乗った」と大きく竿を曲げている。大きそうだ。しばらくヤリトリをしているうちに「この引きはマダイだ」との確証に至ったようだ。ところがその直後「あっ」という声をあげた友人の竿がピンとまっすぐに戻ってしまった。悔しそうな友人の顔。リーダーを切られてしまった。

その後、潮が下げ一杯に近づくにつれ、タイラバのアタリは遠退き、場所移動の度にベイトや時には群泳するシイラが見えるとジグで遊んでみるという繰り返しをする。バタバタと上がったシイラを入れたクーラーに、昼飯のおにぎりを入れていたことを忘れて海水を入れてしまったため、塩辛いびちゃびちゃの昼飯になってしまったが、エサすらもらえずにルアーでバンバン釣られている今日の魚たちに比べたら、よほどの良い待遇だ。

潮止まり前後は底に起伏のある浅場へ移動してやってみる。カサゴが数匹釣れるが、こちらも散発的。浅場ではシイラがいなくなってしまうのが寂しい。再び少し深めの場所へ移動してみると、ぽつぽつとハタやホウボウが上がる。潮が動き出すと再び友人が大きく竿をしならせて、「乗った!」と叫ぶ。こちらも大マダイらしき引きをしている。今日は友人に大きなマダイが連発している。こちらも頑張らねばと思いながら、「まずはちょっと早いが取り込みの準備」と、船底に転がるタモを拾い上げたその瞬間、「外れた」とまたも友人の悔しそうな声がする。

帰港の時間まであと2時間を切り、ちょっと焦りが出てきたが、大マダイを狙って潮の速くなった海を流す。すると、落とし込んでいる最中のタイラバのラインが、突然物凄い速度で出て行く。着底後巻き上げながら食わせ、「アタリがあっても同じ速度で巻き続けろ」と言われていた。タイラバがまだ4度目の自分は、この想定外の状況にスプールに当てた指でラインの出にブレーキを掛けるか一瞬迷ったが、そのまま引かれるままにラインを最小負荷で出し、魚の動きが鈍ったその時にドラグでのヤリトリに切り替えた。その後は、50mほどラインを引き出され、魚が一度止まってからポンピングと巻き取りのコンビネーションで徐々にラインを収納していく。しかし魚が再び泳ぎだし、巻き取った分、あるいはそれ以上のラインを引き出されることの繰り返し。船が潮で流されている分、余計慎重にヤリトリをして、20分ほど掛けて上がって来たのは55㎝のマダイ。2本の小さなハリが唇の部分に掛かっていたので、強引にヤリトリしたら逃げられていただろう。

船を再び風上へ廻し流すと、今度は巻き上げ最中に食い込み。こちらも先のものに近い引きをしていることから慎重にヤリトリ。上がって来たのはひと回り小さいマダイ。これとて50㎝近い大物だ。最終局面で上がった本命2枚に大満足。次回の訪問が待ち遠しい。

HN/ゆけむりのさむらい・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード