TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ビッグママを求めて Team クラゲ鼻

2017年 3月 18日 0時頃

3月18日、中潮。暖かい季節になり過ごし易くなりましたが、朝晩は冷え込みます。今回どの釣行にするか悩みましたが、チヌの乗っ込み狙いでの釣行にしました。同行してくれたのは、私のチームメイトで、私も含めて3名です。今年の蒲江は例年より年無しが出ていると聞き、遅めの朝7時集合し、期待を寄せながら釣り場へ移動。蒲江に到着したのが9時過ぎでした。さすがにこの時期の蒲江は釣り客が多く、なかなか釣り場が見つからないまま30分が過ぎます…。ぶらぶらしていた時、先に来ていた釣り客が腹パンのチヌを上げるのを目の当たりにしましたが、惜しくも年無しのサイズには及ばず。3人とも良型のチヌを見せつけられ、足早に次のポイントへ向かいました(笑)。

釣り場の「甲子丸」のイカダには、10時に到着。いかにもチヌが潜んでいそうな感じがする釣り座に期待しつつ、仕掛け作りをして、さぁ釣り開始。足元にマキエを打つも生命反応がなく、時間だけが過ぎて、昼食をとる事にしました。今日も我慢の釣りになりそうだと思い、食事をとった後も繰り返しマキエを打っていると、イワシの群れが現れます。これまた厄介だなと思っていたら、ウキがフワフワと反応したため、誘いを入れてみると、スーッと持っていくアタリ! アワセを入れて、重量感のある引きを楽しみながら上がって来たのは55㎝のチヌでした。

その後も良型を連発し、この日は満足のいく結果となりました。同行者2名は、本命以外のアタリはあるものの、チヌは次回の釣行へ持ち越しとなりました。

4月1日、中潮。今回も前回同様、同行するメンバーと釣り場も同じ釣行をする事になりました。釣り開始は10時とゆっくりめ。前回、惜しくも良い釣果が出せなかったチームメイトも仕掛けを試行錯誤しつつ、チヌのアタリを待ちます。この日も魚の反応がないまま刻々と時間だけが過ぎ、エサ盗りも食わないまま午前が終了。前回は正午過ぎからの反応があったので、時合いのゴールデンタイムに期待して、マキエを20パイほど大量に打ち、繰り返し仕掛けを投げ入れます。すると微かにウキに反応があり、アワセを入れると重量感もなく小さなイワシが掛かっていました。その後もツケエのローテーションを行うもチヌのアタリがありません。

しばらくしてチヌの出そうな雰囲気の中、隣で竿出ししていたチームメイトで若手の生野君の竿が曲がっており、穂先を見ているとチヌ特有の首を振る仕草を感じられます。そうして浮いて来たのは、51・5㎝の人生初の年無しチヌでした! 歓喜が止まない中、さらに釣りを続けていると、ウキに大きな反応があり、アワセを入れてゆっくりとヤリトリ。ところが一気に潜られ、そのままイカダのロープ方向に突進され、ブチッとハリスが切れてしまいました…。この後はイワシが湧いているものの、本命のアタリがなく終了。今回は生野君の一人勝ちとなりました。

4月15日、中潮。今回も三度同じイカダに行く事にしました。こうなると、定番化しつつある「甲子丸」のイカダでありますが、釣行間隔が空いていることもあり、船頭の岩本さんの近況を聞きながら釣り場へ向かいます。いつもと変わらない釣り座を見て早々と仕掛けを準備し、10時に釣り開始。マキエを大量に打つも、生命反応もないまま午前が終了。

コンビニ弁当を和気あいあいと食べながら、午後の釣果に期待して釣りを再開。この日もマキエを打つ→回収する時間が続きます。時よりナブラだけが湧いていました。すると、向かいで釣っていたメンバー2名が、次々と竿を曲げているではありませんか! じっと見ていると、40㎝近い良型のアジでした。その後もバタバタとアジが入れ食いとなります。アジ釣りを楽しんでいる中、今までとは違う引きを楽しむチームメイトのプリンス渡邉さん。浮いてきたのは52・5㎝の良型チヌ! ちなみに渡邉さんは、長い間チヌを仕留められずにいたため、このチヌが釣れた時は、みんなで喜びを分かち合いました。その後は43㎝のチヌを1枚とキジハタを釣り上げて終了。

この3回の釣行でお世話になった「甲子丸」の岩下さん、わがままなお願いを気持ちよく聞いていただき、良い釣りを楽しめました。チーム一同感謝しております。ありがとうございました。こうして今シーズンの蒲江チヌ釣りを終え、次シーズンまでと蒲江を後にしました。

HN/チヌの挑戦者・記
この3回の釣行でお世話になった「甲子丸」の岩下さん、わがままなお願いを気持ちよく聞いていただき、良い釣りを楽しめました。チーム一同感謝しております。ありがとうございました。こうして今シーズンの蒲江チヌ釣りを終え、次シーズンまでと蒲江を後にしました。

HN/チヌの挑戦者・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード