TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

マキエとツケエを底で同調

2017年 4月 16日 10時頃

4月16日、中潮。日中の気温もだんだんと暑くなってきており、もう半袖での釣行もいいかな? と思っていると、いつもチーム鬼掛やプライベート釣行でお世話になっている中澤さんから「チヌ釣りに行こーよ」と連絡があり、私が住んでいる近くの中津港「新波止」の乗っ込みチヌはどうなのかと思い釣行してきました。午前8時位に現地に到着。釣り場にテクテクと20分程歩いて行ってみるとものすごい数の釣り人で賑わっています。手前のほうは空いていなかったので、波止の先端付近で竿出しすることにしました。

本日用意したマキエは、沖アミ生1角にマルキユー「チヌパワーダッシュ/1袋」、「チヌの宿/1袋」、「チヌベスト/1袋」をよく混ぜ合わせたものです。乗っ込みシーズンとはいえ、まだまだ浮き上がってくることも少なく、煙幕効果も兼ね備えたマキエに仕上げてみました。ツケエはマルキユーの「くわせオキアミスペシャル/L」です。身持ちもよく、遠投してもハリ外れしにくいツケエです。ハリはケン付きで沖アミがズレ難い鬼掛「競魂チヌ/2号」を使用しました。まだまだ良型チヌが出ていることと、逆に小型の魚にハリを食わせたくないと思い、2 号をチョイスしています。

準備が整ったのでいざ開始です!足元にエサを撒いてみますが、魚の姿は見えません。とりあえず仕掛けを約25m先に投入し探ってみることにします。すると開始早々に隣で竿出ししている中澤さんの竿が大きく曲がっています。テトラの藻に何度も突っ込まれながらも無事にタモ入れしたのは35㎝級のチヌでした。中澤さんはパターンをつかんだようでポツポツとチヌを掛けています。

中澤さんから「底潮の動きが早くなったり、緩くなったりフラフラしている。アタって来たのは底層だたので、マキエとツケエがそこで合うようにマキエの投入点を変えている」とアドバイスをもらいます。私も何度も仕掛けを打ち返してみるもののツケエは盗られません。しかも仕掛け回収時にツケエが思ったより左方向から上がってきます。底潮がかなり速く左方向へ動いているのだと想像します。

そこで、仕掛けの投入点より左方向へ5〜6mほど離してマキエを投入し、狙ってみることにします。この方法で仕掛けを何度か打ち返しているとウキに明確なアタリです!最初はウキにはっきりとアタリが出たのですが、その後は海面下より動かなくなります。そこで、ちょっと誘いを入れたり、仕掛けを送り込んだりすると、ようやくウキが更に沈んでいき、そこでアワセ! ガッチリとフッキングしたようです。テトラの際の藻に突っ込まれないように慎重にヤリトリをし浮いて来たのは30㎝級のチヌでした。やはり少し工夫して釣れた本命の魚はとても嬉しいものです。

この周辺は、近くに河口がある関係上、上潮や底潮の流れが頻繁に変わります。それを考慮して、仕掛けやマキエを打つ重要性を改めて感じました。お次も先ほどと同様にマキエの打ち方に注意して狙ってみると、ポツポツと30〜30㎝後半のチヌを追加することができました。久しぶりの中津港での竿出しを十分に楽しんだ私たちは、午後4時に釣り場を清掃し納竿としました。良型のチヌには巡り会えませんでしたが、久しぶりに数釣りを楽しむことができました。

これから水温の上昇とともに、いろいろな魚が接岸する同地では、サヨリやコノシロなど釣れるようになります。今後のレジャーシーズンに、ご家族で手軽な釣りを楽しむにはもってこいの釣り場だといえます。ぜひ釣りを楽しんでください。

チーム鬼掛 /MFG九州/ソルブレFC/古庄海・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード