TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

超本気のチヌ釣り そこにチヌがいる限り

2017年 2月 12日 14時頃

2月12日、大潮。みなさん、春が来てますよ〜!早いもので2月も中旬を迎えた週末の土曜日。四浦半島の河津桜へ季節風が訪れると共に、春は足元まで迫っています。そろそろ本格的にチヌ釣りの準備をしたいとこですが、まだまだ膝も悪いし、両肩も激痛(泣)。でも、じ〜っとしてても後悔するばかり。 11日に沖アミの解凍を予約し、翌日の日曜日はゆっくりリハビリといった目的で、釣りを楽しむ計画をしました。

当日は早起きをしてと思いましたが、いつものように朝寝坊(泣)。バタバタ用意をして解凍予約した釣具屋さんに行き、マキエとなる沖アミ生1角、ムギ1㎏、集魚剤のマルキュー「チヌパワーダッシュ/1袋」、つり万「パーフェクトチヌ/1袋」を軽〜く混ぜ混ぜして、少し古くなったラインを交換してもらい、釣具屋さんを出発したのが午前9時半過ぎ。この日の満潮は午前9時半過ぎなので、釣具屋さんを出発した時刻がちょうど満潮と重なる時刻。県南だと30分〜1時間早く満潮となるので焦ります。とは言え、リハビリ目的の釣りなので、ゆっくりのんびり臼杵方面から津久見方面に向けてドライブをしつつ、途中で津久見で竿出ししてるチームの柳原さんに連絡すると「一緒に釣ってる釣り仲間の首藤君がデカバン上げてますよ〜!」って話!これはマジでヤベぇ〜(焦)。でもデカバンが掛かれば、故障中の肩が悲鳴を上げるのは辛い…。でもデカバンも気になる! 結局、行くでしょう! ということで、現地入りが午前11時。柳原さんと首藤君が並んで竿出し中。首藤君は1枚追加して、良型2枚をストリンガーにキープしていました。首藤君の話によると、5日の雨上りに56、51、40cm2枚を釣り上げたとのこと。「まだ底にはたくさん群れてますよ〜」って期待を膨らまさせるお言葉。

鼻歌を口ずさみながらの仕掛け作り。竿は最近お気に入りのシマノ「鱗海スペシャル/0号」、リールは「BBーXハイパーフォース/1700番」、1日持っていても軽くて疲れ難く、ベストマッチな竿とリールです。道糸はクセがつきにくくホワイトラインが見やすい「BBーXサスペンド/1・5号」です。沈め釣りを主とした釣りなので、ウキは小さいボディながらも重量感がある釣研「征黒/ 00号」を使用して、ウキ下には潮受からまん棒Sを使い、道糸とハリスを直結。ハリスは、またまた最近お気に入りで、少し位の糸グセなら指で軽くラインを伸ばしたら完璧に近いほどに素早く糸グセを直してくれる釣研「ウルトラフレキシブル/1・2号」を使用。ハリはキザクラ「黒魂/2号」を使いました。ツケエは「喰わせ太郎/L」と自家製ネリエ(イエロー)を交互に使い分けて使用しました。

仕掛けを作り、肩の痛みをこらえながらマキエを数回打ちます。イメージではマキエと仕掛けが重なるのがベストですが、この日は真正面からの強風が半端なく吹きつけます。竿も片手では持ていられない程の場面もしばしあり、大潮の下げ潮からのスタートでしたので、二枚潮や仕掛けが馴染むまで気の抜けない状況でした。マキエを風に逆らいながらも打ち続けていると、ラインがいきなりバチバチとスプールから飛び出します! 瞬時にアワセを入れると、竿が根元から激曲げ〜、ひん曲げ〜。根元からひん曲がる竿を抑えていると、両肩には痛みが走る(泣)。係留船のロープとロープの間は最小3m! 竿1本先には段差があり荒牡蠣もあるため、ラインを出すとロープがヤバそう! ロープを避わしてリールを巻き取ります! それでも魚は抵抗し、何とか竿でのヤリトリを繰り返していると、ウキが見え始め、ゆっくり引き寄せタモ入れに成功です。40cmアップをゲットしました。

続いて柳原さんが竿を曲げます!首藤君の愛竿もかなり曲がりを見せます! みなさんロープを避わしての釣りのスリルを味わいながらも、その反面リスクも高く、1枚バラしたら後が釣れ難くなるので、緊張感は半端ありません! 見てる私も手には汗が滲み出る始末。そして首藤君がタモ入れ、続いて柳原さんも無事にタモ入れに成功しました。みなさんおめでとうございます。

私は1枚キープしてからアタリすらなくなり、風は時折正面から暴風…。マキエを打っても打っても足元付近に戻ってきます…。バッカンに足を突っ込んで近くの砂利を入れこんで、踏んで〜踏んで〜練り込み、その練り込んだマキエを打ち続けます! ゆっくりのんびりのはずが、スパルタ式リハビリに早変わり(泣)。痛みに堪えてのマキエワークが効いて来たのか、仕掛けを入れるとアタリが連発し始めます。ひん曲げ&激曲げが連発して、体高のある46cmをキープすることができました。

その後も、風は収まる気配をみせません(泣)。地元で有名な山田名人も見学に来ており、平日休みを利用して釣りに来たいとの話をしたところで、この日は早めの納竿にしました。当日の釣果は首藤君が47cmを頭に3枚。柳原さんがリリースしたメイタは5枚。私の釣果は46cmを頭にキビレを含めて5枚の釣果。恵まれましたが、あまりの魚の重さに両肩が耐えきれず、思わず叫んでしまいました(笑)。まだまだこれから水温上昇と共にチヌの数釣りの楽しめる季節になるので、笑みが溢れます。

TEAM黒鯛臣/浦川・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード