TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

深場?浅場?チヌの狙い場所はどっちがオススメ?

2016年 4月 12日 14時頃

山桜が咲き始めると、そろそろチヌの季節となりますが、年々チヌの釣れる時期が遅くなって来てる感じがします。読者の皆さんも感じているかも知れませんが、以前は1月になれば大型のチヌ釣りで賑わいを見せた蒲江方面も、ここ最近では段々と釣れなくなり、必然的に年明けは磯のクロ釣りに向かう釣り人が多くなっています。そうは言っても海がシケたり、天候が悪くて磯に出れない時は、必ずチヌ釣りへと足を運んでいたと思います。ただ、先ほど書いた通り、チヌが釣れる場所は段々難しくなっているので、「あそこなら?」とか「ここかな?」など、釣り仲間同士で釣り場の選択に迷う始末です。

3月に入ると次第にクロの食い渋りが目立ち始め、「そろそろチヌに変わろうかな?」と、グレ竿を置いてチヌ竿に持ち替える時期となります。そして4月に入れば、あちらこちらと良型チヌが上がり始めたの声に、こぞってチヌ釣りに出かける様になります。しかし、釣り場の設定に迷い、あっちこっちと釣り回る内に疲れてしまい、どこか安定した釣果がある場所は無いものかなど、仲間で悩んでしまっています(笑)。そして、そんな釣り仲間とつい最近「浅場と深場では、どちらがよりチヌを釣れるか?」など考え、そこで釣行した時に感じた事などを踏まえて、私なりのチヌ釣りの話をしたいと思います。

まず、水温が低いこの時期は、深場でチヌが食ってくることを想像します。大型のチヌはある程度の低水温にも強く、底付近で食って来れば間違いなくデカいのですが、この手のチヌは単発がほとんどだと思います。1日中釣っていても大型は1枚しか釣れないということは、よくあることです。チヌは大型になればなるほど単独で動き、しかも縄張り意識が高まります。結果、大型チヌは単発的にヒットするのです。そこで、まずは水深10〜13mある大入島の石間沖波止での釣行を試みました。ここは沖一文字で、赤と白のポールがあり、潮の上げ下げによってどちらかに船で渡してもらいます。この時は上げが午前8時の満潮までで、14時に干潮だったので、赤いポールに降りました。

上げ潮の時は、佐伯港方面に潮が流れ、下げ潮はこの反対となります。満潮時の水深が12m、干潮時は10m となるので、いずれにしても深場狙い。そこで、中層から底狙いができる仕掛けを作り、ツケエは「オキアミハード」とネリエと半ボイルをローテーションさせて、当たりエサを探ります。マキエも多めに打ち込んでチヌを集魚させます。数投後、ラインをピンと弾くアタリ! 少し間をおいてからラインがスーと走り、十分にラインを送ってからアワセを入れると、ズシッとした重みが竿に乗ります。凄まじい引きを何度も繰り返し、ようやく海面に姿を現したのは、50cmアップの体高があるチヌでした!この風格あるチヌを見て、やはり深場でアタればデカチヌが釣れるのかと思います。ちなみに実寸で55cm、腹パンパンの3㎏オーバーでした。この時はマキエを打つ場所を1点に絞り込み、マキエが効いているだろうと思われる所にツケエをステイさせるイメージで攻めてみた結果です。あまりマキエを打つ場所を動かしてしまうと、アタリが少なくなるので、低水温の場合はこの攻め方がオススメです。その後は40〜45cmまでを3枚追加できましたが、やはり大型は単発のアタリでした。低水温なのでエサ盗りはあまりおらず、こういう時は1枚目に大型が良く出る感じがします。

さて、浅場の方の検証ですが、こちらは津久見のとある道路沿いの釣り場を選択しました。満潮時に水深が5mで、干潮時は4m ほど。ここを満潮狙いで釣ってみます。水深が浅いので遠投し、マキエも一点集中。ツケエはハリス分で食わせるイメージで攻め、上げの3分でアタリ。ジワジワと持ち込むアタリで、じっくり食わせてからアワセを入れます。これが40cm級と少し物足りないサイズで、その後同サイズ3枚追加したが、大型は来ませんでした。これらの釣行を踏まえて、少ない釣行での結果ですが、現時点では深場狙いに大型チヌのヒット率が高いと言えるでしょう。時期的にはまだまだ十分に大型チヌが狙えます。水深が上がり始めている今がまさにチャンスと言えるでしょう。大分には深場の釣り場はたくさんあるので、心当たりのあるポイントを攻めてみる価値はありますよ。

ちなみに産卵期ですが、少し遅れているようなので、まだまだ乗っ込みチヌが狙えますよ。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード