TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鶴見・大崎港のアジとメイタ釣り

2016年 3月 27日 16時頃

3月27日、中潮。皆さん、釣れていますか? 私は日中に良型アジが釣れる場所を探索していたところ、釣友の甲斐氏より「少し遠いけど、30㎝オーバーの良型交じりでメイタも3枚前後釣れる」との情報があった。数回の釣行を重ねた所、情報通り30㎝オーバーのアジが数匹と、35㎝前後のメイタが2〜5枚釣れて、満足した釣果を上げている。この日、朝9時に合流して甲斐氏と鶴見へと向かう。日曜日となって釣り人が多いのではと思っていたが、11時前に現地に到着してみると、2〜3人程度の釣り人がいただけだった。湾内向きの空いた所に釣り座を構えてから、準備してきた沖アミ生にマルキユー「チヌパワームギスペシャル」と「爆寄せチヌ」を混ぜ合わせる。マキエを仕上げてからポイントに10パイ程打ってから、今度は仕掛けを作る。ここ大崎港は、普通の波止と違って、水深が15m以上と深いのでタナ取りが難しく、季節風が強い日は釣りにならないので要注意だ。この日は北東から南の予報なので、大丈夫そう。

ハリスは「ジョイナープレミアム/1号」を3・5m取り、ツケエがズレないオーナーばり「沖アミチヌ/1号」を結んだ。潮の方は引きの2分位で右流れをしており、タナは13m位からで、沖アミ生のMサイズをツケエにして釣り開始。数投目にして右手にいた甲斐氏が早くも竿を曲げて23㎝のアジを釣り上げる。その後、ポツリポツリとアタリはあるが、この日は23〜25㎝のアジのアタリが多く、「良型アジが回ってこないかなー」と思っていた16時頃、私の釣研「波止スティック」がスーと消えた。「来た!」と大アワセすると、グーンと大きく竿を曲げて、見るからに良型のアジと分かる引き。タモに収まったアジにメジャーを当てると、32㎝ の良型でニンマリ。すると甲斐氏に強烈な引きがあり、同型の30㎝オーバーアジをゲットする。時合い到来だとマキエをウキ周辺に打って流していると、またも強烈なアタリが出て、先ほどより一回り大きい34㎝のアジが上がった。

その後、アジのアタリは遠退き、35㎝前後のメイタが2人にアタった。しばらく常連の方と並んで釣っていたら、17時頃から珍しく(普通の夕まずめはダメ)アタリが頻繁にあり、25〜30 ㎝級ばかりの良型アジが次から次へと釣れた。気が付いたら18時を過ぎており、クーラーを覗いてみると、34㎝のアジを筆頭に20㎝までを30匹以上も釣っていた。甲斐氏も私以上に釣っており、遠くからやって来た甲斐があったと、帰りの遠藤の桜もほほえんでいるように思えた。

JFC大分/仲國勝・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード