TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鶴見の寒グロはまだ終わらない

2015年 3月 15日 16時頃

3月15日、中潮。桜の咲く季節となり過ごし易くなりましたが、朝方はまだ冷え込みます。クロ、チヌどちらに釣行するか悩む時期ですね。今回一緒に同行してくれるのは同級生でもあり、いつもすばらしい釣技を勉強させてくれる大津君。私達もめちゃくちゃ悩み、チヌ? クロ? チヌ? クロ? チヌ? いや、クロでしょ〜! と悩みに悩んでクロ釣りに行こうと決めました。

早朝6時の薄暗い時に、瀬渡し船「てる丸」(鶴見)にて出港。クロの時期としては少し下向きの傾向なので、クロ釣り師は少ないと思っていましたが、高手島周辺は満員でした。そんな中「ハシゴ」が空いている…。船長の「ハシゴ行くかぇ〜」の声に迷わず「はい!」と答えて上礁。マキエは沖アミの生4角にいつも愛用している集魚剤マルキユー「グレパワーV9徳用/1袋」と「爆寄せグレ/1袋」を配合し、遠投が効くようにしっかり混ぜ込みました。タックルは竿が「がま磯/アテンダー/1号/53」、ハリスと道糸が1・5 号で、ハリは寒グロの激渋をイメージし、がまかつ「掛りすぎ口太/5号」をセット。ハリスは約8m取り、海面の状況から潮は早いと判断。ウキに釣研の「エイジアマスターピース/02」をチョイス。

まずは海の状況を確認するため、足元にマキエを打つが生命反応はない…。しかし、ここは名礁「ハシゴ」。「ハシゴ」は年間を通じて魚影が濃く、潮の流れが右に左にと刻々と変わり複雑ですが、潮通しの良い場所には魚がいると期待。魚にエサがある事を知らせるため、沖に拡散してマキエを投入します。数秒経った後、竿1本先に仕掛けを投入。1投目、エサが丸残りで反応がない。次は魚の活性が上がるようにマキエを20パイと大量に打ち、2投目を投入。すると大量のマキエが効いたのか、20m程流した所で「バチバチ」っとラインが走る。すぐにアワセを入れると、いきなり46・5㎝の良型グロが顔を見せてくれました。すると隣で竿出ししている大津君もヒット! 安定して取り込む大津君の竿さばきを見ていると、華麗で無駄がなく、且つスピーディーにタモ入れまでを演出してくれ、勉強になりました。ちなみに釣ったクロは46㎝とこれまた良型でした。

私も負けじと仕掛けを投入。2分程してまたもや道糸が一気に走り、竿引きのアタリ。さっきの引きとは少し違い、グイグイと引きます。数分のヤリトリの末浮いて来たのは、40㎝弱のイサキ! もう少し水温が上がってくるとイサキが釣れる季節になるので、少し早いイサキのハシリを感じさせてくれるような気配でした。再度マキエを大量に打ちイサキを狙う…が、そう簡単にはアタって来ません。やはりハシリにはまだ少し早い時期と感じました。その後、高手島の水道方向へと流れる潮がジワジワと左流れに変わり、「ハシゴ」の本命潮へと変わります。すると予想は的中。仕掛けを上手に馴染ませる事が出来ると、答えは素直に返ってきます。二人で40㎝交じりの数釣りが続きました。連発が続くと8mでセットしたハリスがだんだん短くなってきます…。その影響で馴染みも悪くなり釣果も減ってしまう。さらに潮が激流に変わってきたため、いつも8m取るハリスを今回は10mにして少し馴染みが良くなる様ハリスを交換。するとまたも予想が的中。潮の流れに上手く馴染み、毎回竿引きのアタリでクロが顔を出してくれました。

お昼前頃から下げ潮が緩やかになり、ツケエはかじられるがアタリが出なくなります。隣の大津君も同じ状態になり、普段あまりしない半遊動の仕掛けに変更していました。半遊動にした大津君は、すぐに3連発でクロをかけていきます。その一瞬の判断力と行動力には流石と思いました。私はマキエの投入タイミング等で試行錯誤を繰り返しましたが、馴染みが早いせいか毎回ツケエをかじられ、アタリを捉えられない状況が続きます。これではダメだと思い、アタリを出すために釣研「エイジアマスターピース」を02→0に変更。竿1本程で仕掛けが馴染んだ頃に思った通りにアタリ知らせてくれました。ウキの浮力一つで釣果が左右されます。この判断をいかに素早く判断するかが、釣果の大きな鍵となると感じました。

その後も二人で納竿の14時までに爆釣で、久しぶりに一日を通して楽しく磯釣りができました。今回のポイントは、クロの捕食ダナに合わせてウキの浮力を使い分ける事で、状況に合った釣りをすることが大きな釣果となったと感じています。寒グロは終盤に入っていますが、まだまだ場所によっては期待できそうですよ。

城本透・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード