TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大分5号地チヌ狙い

2013年 5月 11日 13時頃

5月11日、大潮。夜勤明けで疲れてはいるが、雨が止んで晴れ間が広がり始めたので、しばしの時間チヌ狙いでも楽しもうと、大分市5号地へ向かった。5号地の倉庫裏に到着。ここは「ジョイフル」の対岸に位置する南向きの釣り場なので、北風の強い日に重宝されるポイントだ。マキエ(マルキュー「白チヌ」+沖アミの生1角)を広範囲に打ち込んで、海の様子を探る。マルキューの集魚剤「白チヌ」の真っ白な煙幕に、ギラギラと反転する魚が集まる。その魚はコノシロだ。コノシロの多い時はチヌが集まる傾向があるので、より一層、マキエを打つ手に力を込める。マキエを打ち込んでからは、仕掛け作りを始める(下図参照)。使用するウキは釣研「エイジアLC/00号」。自重が13・6gあるので遠投性が高くコントロールをしやすい。水温が温かくなってからのチヌ釣りは遠投するほど釣果に結びつきやすいので、この自重が大きなアドバンテージとなる。さらに、空気抵抗の少ない1・5号以下の道糸を使用することで、より遠投性が高まる(使用する道糸はサスペンド系の東レ「スーパーストロングちぬブラックマスター」)。

午前11時、竿出し。表層が滑るように右に流れていたので、仕掛けの安定を図るためハリスにG5のガン玉を打つ。これにより着底と同時にウキが馴染むようになり、糸フケを減らすことができた。さて、時々ツケエを突く魚がいるようだが、ハリ掛かりはせず。恐らくフグであろう。エサ盗りはそんなに多くなさそうなので、時合いになればチヌが蹴散らしてくれるはずだ。約30m沖にマキエを3バイ打ち込んでから仕掛けの投入を繰り返す。午後0時頃、表層の速い流れが落ち着く。潮の変化はチヌの出る前触れなので、より神経を集中して仕掛けを流す。すると、ツケエ(マルキュー「くわせオキアミスーパーハード/L」)が底付近に到達した頃、穂先から道糸がスウッーと沖に引き出される。軽く糸を張ると同時に手元から道糸が弾け出てアワセを入れると、穂先をノックするチヌの元気な躍動が手元に伝わる。存分に引きを楽しんで取り込んだのは、40㎝強のチヌでした。ちなみに使用したツケエは2日間常温で保管していたマルキューの「くわせオキアミスーパーハード」。本来ならば冷凍保存をしなければならないアイテムだが、常温保存をすることで赤みが増し、アピール性が高くなる。白い集魚剤と併用することで、そのコントラストでよりツケエが目立って、チヌにアピールすると考えている。

さて、この日は午後2時までに同型を2枚追加して納竿した。今年の大分市内は平年に比べるとチヌの数が少ないようで、本来ならば爆発的に釣れ始めるゴールデンウィークを過ぎても、いまいちパッとしません。深夜、早朝の冷え込みが収まれば、好転するかも?

釣研FG東九州、MFG九州/赤峰雄紀・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード