TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ブリ&タチウオ

2012年 10月 8日 12時頃

10月8日、小潮。10月初旬にタチウオのまとまったアタリがあり、夕方の船上はかなり盛り上がったが、日ムラがあるのが非常に気に掛かる。この日、市松の不安を抱えながらタチウオ狙いに向かった「えすぽあ」(大分市日吉原)であったが…。

沖のウネリを避けて、湾内で竿出し。魚探には影こそ薄いが、タチウオらしき反応は十分! 胸に期待を込めながらジグをキャストすると…、即座にタチウオが反応! 指3本級を主体にアタリが活発化して、一流しに1本の入れ食い状態に突入! 時合いに上手く手返しできた釣り人は、20本もの釣果を上げて納竿。10月の夕方は、タチウオに期待をしたいですね!

10月12日、中潮。早朝、河口のブリ狙いへ。ジグ、トップ共に反応があるが、食い込みが浅く上手くフッキングしない。朝まずめが終わると、船を沖へ移動させました。魚探の反応が薄い状況であったが、来る時は来るものです! ドラグをジージー鳴らしながらのヤリトリの末に釣り上げたのは、6㎏ブリでした! やりました!

その後1時間ほど流してみたがそれらしい反応は続かず、お昼前に納竿したのであった。大分沖ではブリ、タチウオ、サワラの回遊が活発化しています。秋のフィッシュイーター狙いに、大分沖へ行こう!

写真提供:えすぽあTEL0904995・3358

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード