TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

メバリング&アジング

2012年 5月 5日 10時頃

5月5日、大潮。当日の昼から5月6日の早朝(夜明け)まで、休憩・仮眠を除くと10時間の釣行。大潮に狙いをしぼり、風もほぼ無く、メバル・アジ狙いで佐伯市大入島へ釣行しました。午後2時20分のフェリーにて島に入り、まず各漁港の状況を見てまわりました。これが結構重要です。干潮時、明るい時にストラクチャーや海草の状況把握は、日が暮れて暗闇でスタートするライトゲームには必須です。

昼間釣れたのはホゴが2匹で、日が暮れるとカマスが1匹(これはまぐれ)。日が沈み、常夜灯が煌々と灯るとようやく本気モード。しかしこの日は、満月が結構明るいです。常夜灯にとらわれず実釣していきます。メバルのポイントである岸壁から20㎝ ぐらいを攻めて、メバルを釣っていきます。小さいのが多いですが、やはりメバリングは面白い。漁港を移動しつつ、ラン&ガンで攻めます。

この日は「アジが回遊してないのか…」と思いましたが、狙ってみると水面からカウント10くらいでアジのアタリがありました。調子よく釣っていきますが、サイズがイマイチ…。「ボトムを取れば大きいのがいるかも?」と仕掛けをボトムに落とし、ズル引きで時折リフトします。すると小さなアタリがあり、次のアタリで即アワセしたら一気にドラグが鳴り始め、ファイト開始です。魚を弱らせつつ何度かドラグが出ましたが、抜き上げると…、なんと尺アジをゲットです!その後もメバルを釣りつつホゴも釣って、結局全部で41匹の釣果でした。内訳はアジ9匹、メバル23匹、ホゴ8匹、カマス1匹です。日が昇った瞬間、ゲームオーバー。魚は正直ですね。全く反応が無くなりました。それから片付けて始発のフェリーに乗り、帰宅しました。満足な釣行でした。

NH/ ryu・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード