TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ アジ釣り仕掛け

アジ釣り仕掛け

フカセ釣りの場合、アジはウキ抵抗を嫌って食い込みの悪い時が多い。そんな時は全遊動仕掛けが、威力を発揮する。ウキにアタリが出てから、バチバチッと弾け出る道糸の体感ショックはこの釣りならではの快感! 浅ダナ(2ヒロまで)でポイントが近い時は、この釣りがベスト。

フカセ釣りでアジを狙う一般的な仕掛け。半遊動釣りで注意したいことは、アワセのタイミング。活性の高い時は一気にウキを消し込んでくれるが、通常は前アタリがあってから徐々にウキを引き込む。アワセのタイミングは引き込み始めだったり、引き込んでしまってからだったりするので、掛かりが悪い時は常にタイミングを工夫することが大切。タナが安定している時(竿1本前後まで)は、この釣り方がベスト。

浅ダナ(海面から2ヒロ)で活性の高い時は、この仕掛けが手返しが早くオススメです。こちらも半遊動仕掛けと同様に、アワセのタイミングの工夫が必要です。

上カゴ仕掛けはサビキとマキエが同調しやすい。しかし、仕掛け絡みの多発や素早い手返しが難しいので、下カゴ仕掛けを推奨します。

アジ釣りの定番仕掛け。安く手軽に、子供から大人まで簡単に楽しめます。魚の高活性時は、数釣りでこれに勝る仕掛けはありません。サビキにはサバ皮やハゲ皮、スキンなどいろいろな種類があるので、数種類準備してその日の当りサビキを探しましょう。

足元が小型だったり、釣れなかったりする時は、ウキを装着して沖を狙います。潮加減によっては足元で釣るよりも数、型の出る日があります。投入時にウキ止めに負担が掛かるので、こまめにウキ止めの強度と位置のズレを確認して下さい。

アジ釣りはサビキよりもエサ釣りの方で、良型の出る傾向があります。サビキで数、下カゴからツケエを吹き流すことによって良型を狙う、欲張りな仕掛けです。佐賀関から鶴見の波止にかけて、近年よく見られる仕掛けです。

波止のアジ狙いは沖の深ダナで良型の出る傾向があり、仕掛けはサビキよりもエサ釣りの方がその確率が高いのです。サビキ釣りでは外道でチヌ、マダイなどの大型魚がヒットすることは極稀ですが、この仕掛けであればヒットするのも珍しくありません。なお、冬場などアジの活性が低下してサビキに反応しない時期は、この仕掛けが有効です。

アジを狙うルア?釣りを、通称=アジングと呼んでいます。基本的にはワームなど、ソフトルアーで狙います。通常のエサ釣りに比べて良型の出る傾向があり、高活性時は数釣りを楽しめます。なお、ハードルアーにヒットするアジは大型である事が多いですが、数釣りは難しいです。。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

VIEW 本誌最新号をネットで読む
最新号を毎週火曜日に更新
バーコード