TOP ≫ column-TOP ≫ 魚の質問箱

魚の質問箱

魚や海に関する質問コーナーです。

記事一覧

コブシメはコウイカとは違う?

アップロードファイル 388-1.png

Q コブシメってコウイカの大型を呼ぶのかと思っていましたが、どうやらコブシメとコウイカは異なるイカのようですね?本当はどうなのでしょうか?     

A コブシメとコウイカは異なるイカです。どちらもコウイカ科に属しているため、「コブシメはコウイカ?」と訪ねると、答える人によっては「そうだ」と答える場合があります。それでよけいに紛らわしくなってしまう方もいるようです。

コウイカ科の中で大分県でよく見かけるイカは、コウイカ、カミナリイカ、シリヤケイカ、コブシメの4 種です。この中でカミナリイカは一番見分けやくす、胴の表面にキスマークのような斑紋があることですぐに解ります。解りづらいのがコウイカとコブシメです。コウイカは、エンペラに沿って白い線が入りますが、コブシメにはこの白い線がありません。釣り上げてすぐの場合は、この白い線で見分けることができます。

  • 2017年11月10日(金)09時04分

マルスズキとタイリクスズキの違い

アップロードファイル 387-1.png

Q 秋になり夜な夜なスズキ釣りに出かけています。このスズキなのですが、時々体に斑点がある個体が釣れます。これって病気かなにかでしょうか?      

A スズキは幼魚期には、体に斑点がある個体が多いのですが、成長するに従って、徐々に薄く消えていきます。よって、幼魚期にはなかなか見分けがつかないのが特徴ですが、成魚の場合であれば、体に斑点があればタイリクスズキ、なければマルスズキとなります。ただし、マルスズキでも幼魚期の斑点が残ってしまう個体もあります。

そこで、注目して欲しいのがその斑点が側線より上にあるかどうかです。もしも側線よりも上側にしかなけえばマルスズキ、側線よりも下側にあればタイリクスズキとなります。

どちらも同じような釣り場で釣れる魚です。覚えておくと便利です!

  • 2017年10月27日(金)11時53分

キビレとヘダイの見分け方

アップロードファイル 386-1.png

Q ルアー釣りを楽しんでいるものです。時折チニングを楽しんでいると、キビレに交じってヘダイが釣れますが、今ひとつ見分け方が分かりません。パッと見で見分ける方法を教えて下さい。     

A キビレとヘダイは、両種を見比べると比較的簡単に分かる魚なのですが、釣り上げた瞬間は意外と分からない方が多いのではないでしょうか?どちらも胸ビレや尻ビレは黄色く、体色は銀色です。そこで、パッと分かる見分け方としてオススメなのが、顔つきとウロコの整列です。

キビレはそれこそ本チヌと同じような顔つきで、尖った印象を受けます。一方ヘダイは、ちょっとおちょぼ口で、丸まった印象です。また、キビレのウロコは大小のウロコがまばらに並ぶような印象ですが、ヘダイは均等な大きさのウロコが並ぶようなイメージです。このため、ヘダイには体側にそって、縦縞模様があるようにも見えます。

  • 2017年10月20日(金)09時57分

メッキアジの見分け方?

アップロードファイル 385-1.png

Q ルアー釣りの対象魚であるメッキアジですが、メッキアジという名前の魚はいないと聞きました。どういう意味ですか?     

A メッキアジとは、アジ科ギンガメアジ属に属する魚の幼魚を総称して呼ぶ名前で、厳密には魚名ではありません。このギンガメアジ属には、ギンガメアジ、ロウニンアジ、オニヒラアジ、カスミアジなど釣り人を魅了する魚ばかりです。元は南方系の魚なので、大分県ではなかなか釣れない魚ですが、表層を回遊している幼魚が秋になると豊後水道内にも入ってきて釣れるようです。

大分県で釣れる魚は、主にロウニンアジ、カスミアジ、ギンガメアジの3 種となります。カスミアジは胸ビレが黄色(他の魚種は無色)なので、覚えていればすぐに判別できます。次にロウニンアジですが、上葉が黒く、下葉が黒くないのがロウニンアジ、上下ともに黒いのがギンガメアジ。どちらも黒くないのがオニヒラアジとなります。

  • 2017年10月13日(金)10時15分

マルソウダとヒラソウダの見分け

アップロードファイル 384-1.png

Q 年によって釣れたり釣れなかったりするマルソウダとヒラソウダですが、簡単な見分け方を教えてください。     

A スズキ目サバ科の魚であるマルソウダとヒラソウダ。一般的には、マルソウダよりヒラソウダの方が体高があり、まるまると太って見えることで見分けますが、これも個体差があったり、どちらも釣って初めて見比べることができるため、簡単とはいえません。  そこで、おすすめなのが、エラ蓋上部にある黒斑です。この黒斑と背中の暗色帯がつながっているのがマルソウダ、繋がらないのがヒラソウダです。この見分け方なら、どちらか一方だけでも見分けることができるので、覚えておいて損はありません。

数年前は大分市内でも夏から秋にかけて釣れていたのですが、今年はあまり聞きません。年によって多く入ったり、少なかったりするのが、マルソウダとヒラソウダの特徴です。

  • 2017年10月06日(金)08時59分

ツムブリとブリの見分け

アップロードファイル 383-1.png

Q 県南でジギングを楽しんでいる時に、ブリっぽいけどブリではない奇妙な魚が釣れました。ブリよりはスマートです。もちろんカンパチやヒラマサではありません。そんな魚いますかね?     

A 画像を拝見していないので、断定はできませんがもしかするとツムブリかも知れません。年によってよく釣れたり釣れなかったりするのですが、高水温の年ほど大分県南でも見かける機会が増えると思います。

ブリとツムブリの見分けですが、ブリは側線に沿って黄色い帯がありますが、ツムブリは黄色い帯の上下に青い帯が入ります。また、おっしゃる通り、ブリよりもスマートな印象で、顔も尖っている印象の魚です。

ブリよりも南方系の魚で、熱帯、温帯域に生息します。身は赤身で淡白なのですが、これから秋にむけてが旬となり、一番美味しい季節です。ぜひ釣れた時には試食してみてください。

  • 2017年09月29日(金)09時32分

つり太郎SHOP

- PR -

世界初の花粉症対策マスク ノーズマスクピット 14個入り

●ノーズマスクピットは世界初の花粉症対策マスクです。 ノーズマスクピットは従来の顔を覆うマスクとは違い、ノーズマスクピットのフィルター部分を直接鼻に差し込んで使用しますので、顔の表情も見え、会話や食事も普段通りに行えます。 顔を覆うマスクをしないので、女性の方の化粧崩れやマスクによる息苦しさなどもありません。●バイオインターナショナルのノーズマスクピットは、ボーケン法による試験で『花粉通過率0…

ダイワリール特集

EXIST 1003H ネイティブカスタム

無類のパワーと滑らかさ。REAL ENGINE(リアルエンジン)圧倒的なパワー、シルキィな回転性能を生み出しているリアルフォーの駆動系。高精度なスーパーメタルボディーに包まれたデジギヤ、サイレントオシレーションが静謐にして力強い巻取りを可能にし、リールの心臓ともいえるドライブギヤーを大口径BBで支持するエンジンプレートが理想的なレイアウトをもたらしている。快適さが倍加する操作性。-REAL CONTROL(リアルコントロー…

アウトドア&フィッシング ナチュラム 提供:アウトドア&フィッシング ナチュラム
VIEW 本誌最新号をネットで読む
最新号を毎週火曜日に更新

毎週木曜日発売

表紙
バーコード