TOP ≫ column-TOP ≫ 魚の質問箱

魚の質問箱

魚や海に関する質問コーナーです。

記事一覧

モイカのオスとメスの違い…

アップロードファイル 484-1.png

Q モイカはオスの方が大型になると言われていますが、正直オスとメスの見分け方が分かりません。簡単に見分ける方法はありますか?     

A オスとメスの見分けは、頭(正確には腹部)のスジ模様で見分けます。このスジ模様が横線で現れているのがオス、どちらかと言えば丸みを帯びた斑紋に見えるのがメスとなります。オスの横線は、大型化すればするほど横に長く伸びて見えるので、大型ほど見分けやすくなります。

秋のシーズンに釣れるモイカは、まだ身も柔らかく甘みも強いですが、寒さも厳しくなり、越冬した春イカは、大型化するとともに身も固くなり、一晩寝かせた方が食べやすくなると言われています。特にオスの場合は、身が顕著に固くなるようで、釣り上げた時にオス、メスを見分けて、食べる頃合いを考える人もいます。

  • 2019年12月20日(金)10時11分

コノシロとサッパの見分け

アップロードファイル 483-1.png

Q もうすぐコノシロが釣れ始める時期ですが、正直コノシロとサッパの見分けがわかりません。特に小型の時は尚更です。パッと分かる見分け方を教えてください。     

A コノシロとサッパは、どちらもニシン目ニシン科に分類される魚で、云わば親戚のような魚です。そのためパッと見はどちらか分からないことも多いようです。特に小型の時は本当に分からないので困った魚たちです。一番分かりやすいのは、側線から背ビレに向かって、小さな黒い斑点があるかないか。あればコノシロ、なければサッパとなります。

また、背ビレの後方が長く伸びているのがコノシロ、長く伸びていない(よく見かける背ビレ)なのがサッパとなります。どちらも岸壁や防波堤で釣れる対象魚としてよく見かける魚なので覚えておくと便利です。最後にコノシロは30cmほどまで成長するのが決め手。

  • 2019年12月13日(金)10時51分

メイタガレイとマコガレイの違い

アップロードファイル 482-1.png

Q そろそろカレイ釣りのシーズンですが、メイタガレイとマコガレイの見分け方を教えて下さい。今後の参考にしたいので、よろしくお願いいたします。     

A マコガレイとメイタガレイの見分けは、メイタガレイの特徴をおさえているとすぐに見分けることができます。メイタガレイの特徴は、両眼が飛び出していることと、両眼の間に刺があることです。ほかのカレイには、両眼の間に刺がありません。

ところが、メイタガレイと似ている魚でナガレメイタガレイという魚もいます。こちらとメイタガレイの見分けは、黒い斑点の有無です。黒い斑点がまばらにあればメイタガレイ。なければナガレメイタガレイとなります。

大分県で時折みかけるメイタガレイは、非常に美味しい魚なのですが、皮目に独特の臭いがあり、扱いが悪いと鼻につくことがあるようです。早めに処理していただきましょう。

  • 2019年11月08日(金)10時30分

キントキダイとチカメキントキの違い

アップロードファイル 481-1.png

Q 先日、キントキダイを釣ったら、船長は「チカメだ!」と言います。帰って調べたら、キントキダイとチカメキントキは異なる魚だと知りました。簡単に見分ける方法を教えて下さい。     

A キントキダイとチカメキントキはパッと見は非常に似ているのですが、慣れてくると体のバランスなどから両種を見分けることができるようになります。

キントキダイはそれほど体高がなく、チカメキントキは体高があります。また、チカメキントキは、他のキントキ類とくらべても、背ビレと尻ビレが大きいことも特徴です。この2 つから両種を見分けることができます。

キントキ(金時)とは、赤という意味合いを持ちます。坂田金時をモデルにした歌舞伎『怪童丸』が赤い衣装を身につけていたため、金時が赤を意味するようになったそうです。

市場価値はあまり高くないようですが、非常に美味しい魚です。

  • 2019年11月01日(金)10時07分

カミナリイカとコウイカの見分け

アップロードファイル 480-1.png

Q 私はイカ釣りにハマっているのですが、モンゴウイカ(カミナリイカ)とコウイカの見分け方が分かりません。簡単な見分け方を教えてください。     

A 大分県でいうモンゴウイカは標準和名をカミナリイカと言います。雷がよく鳴る季節によく穫れることからそう呼ばれるようになったとか…。このカミナリイカとコウイカを交じりで釣ってしまうと、どちらがどちらか分からなくなってしまうこともあります。

そんな時は、頭(正確には腹部)にある模様に注目してください。カミナリイカは、キスマークのような模様が点在していますが、コウイカにはこのキスマークが見当たりません。

カミナリイカはコウイカよりも甘みが強く、人によっては「モイカよりも美味しい」と言われます。市場でも高値で取引される魚でもあり、コウイカよりも大型化するイカとあり、釣り人からも人気の高いイカです。

  • 2019年10月25日(金)10時01分

この魚は何でしょうか?

アップロードファイル 479-1.jpg

Q 大分沖で船釣りを楽しんでいる時に釣れた魚です。この魚は何でしょうか? また食べられますか?     

A 大分県ではあまり見かけることがないですが、イトヒキアジの幼魚です。スズキ目アジ科に分類され全世界の熱帯・亜熱帯海域に広く分布するアジの仲間です。いわゆる南方系の魚なので、大分沖、特に別府湾ではあまり見かけることがない魚です。

成魚になると体長1 mほどまで成長し、水深60-100m の海底付近で小魚や甲殻類等の小動物を捕食しています。幼魚の時期は湾内へ入ってくることもありますが、大分県ではあまり見かけることはありません。

ヒレが特徴的で、先端部が長く伸び優雅です。成魚になるにつれ、その長く伸びたヒレも無くなります。もちろん食べることが出来る魚ですが、成魚になるにつれ、シガテラ毒を蓄積している個体もあり、注意が必要です。幼魚は食べることができます。

  • 2019年10月18日(金)10時06分

オジサンってどんな魚?

アップロードファイル 478-1.png

Q 釣りの話をしている時に、「オジサン」という魚の名前を初めて知りました。初めは冗談かと思ったのですが、「オジサン」っていう魚はどんな魚ですか?     

A 大分県でも時折竿を曲げてくれるヒメジ科の魚です。ヒメジ科の魚は暖かく浅い海に適応した魚で、鮮やかな体色や下顎下面に2本の「あごひげ」(触鬚)があることなどを特徴の魚です。もちろんオジサンにもこの「触鬚」があります。その名の由来は、ヒゲがありオジサンに見えるからと言われていますが、一節にはもともとオジイサンだったとも言われています。

他のヒメジ科の仲間とは、第二背ビレと尾ビレの付け根にある暗色帯で見分けます。

ヒメジ科の魚は、この触鬚を使ってエサを探します。言わばセンサーの役目をしている大切な部分です。

  • 2019年10月11日(金)10時55分

この魚の名前は?

アップロードファイル 477-1.png

Q 船釣りで底層周辺を狙っていると時折かかってくるミシマオコゼという魚です。通常は、30 ~ 200m ほどの水深の砂底に生息しています。     

A 体を砂に潜り込ませ、目と口だけを出した状態で獲物が通過するのを待ちます。目の前を獲物が通過すると、一気に砂の中から飛び出し、丸呑みにしてしまう魚です。

体にあるトラ模様とエラ蓋が発達した棘が特徴の魚で、覚えてしまえば一発で見分けることができる魚です。

毒はないのですが、それほど美味しい魚ではないと評判。味がタンパクなので、ソテーや煮付けなどにすることをオススメします。

  • 2019年10月04日(金)10時05分

オイカワとタナゴの見分け方

アップロードファイル 476-1.png

Q 大分県内でハエ(オイカワ)釣りを楽しんでいるものです。最近では滅多にみることがなくなったタナゴですが、ハエとタナゴの見分けを教えて下さい。万が一釣った時にのために…。     

A 地方名ハエは標準和名でオイカワと呼ばれ、大分県内の河川でも釣れる魚ですが、年々数が減少しているのが気になる魚です。一方タナゴも湖、池沼、川の下流域などの、水流があまりなく緩やかで水草が繁茂する所に生息し、絶滅が危惧されている魚種です。

どちらも大分県内の河川で見かけることができますが、数が少なくなっている影響で、見分けられないといった話も耳にするようです。

両種を比べると分かるように、尻ビレの大きさが異なります。ハエ(オイカワ)の方は尻ビレが大きく、タナゴは一般的です。まずは尻ビレで見分けて下さい。その他、背ビレもタナゴの方が大きくハエは小さくなります。

どちらも数が減っているだけに、見つけたらリリースを心がけて…。

  • 2019年09月27日(金)10時28分

メッキアジという魚はいない?

アップロードファイル 475-1.png

Q 時折メッキアジと聞きますが、図鑑で調べても出てきません。メッキアジという名前はいないのでしょうか?     

A メッキアジとは、ロウニンアジやギンガメアジ、カスミアジなどの幼魚を総称して指す言葉です。そのため、一概にメッキアジと言っても魚種が異なることがあるのです。

そこで3 種の見分け方が必要となりますが、意外とややこしいのがこのメッキアジの見分けです。

まずパッと見で分かるのが胸ビレです。胸ビレが黄色ければカスミアジの幼魚です。

お次は尾ビレの色です。尾ビレの上葉が黒い場合は、ロウニンアジの幼魚、上葉が黒くなければギンガメアジの幼魚です。

イラストには分かり難いロウニンアジとカスミアジの幼魚を掲載します。この見分けで、漠然とメッキアジと言われている魚を特定してください。意外といろいろな魚が交じっています。

  • 2019年09月20日(金)10時10分

つり太郎SHOP

- PR -

世界初の花粉症対策マスク ノーズマスクピット 14個入り

●ノーズマスクピットは世界初の花粉症対策マスクです。 ノーズマスクピットは従来の顔を覆うマスクとは違い、ノーズマスクピットのフィルター部分を直接鼻に差し込んで使用しますので、顔の表情も見え、会話や食事も普段通りに行えます。 顔を覆うマスクをしないので、女性の方の化粧崩れやマスクによる息苦しさなどもありません。●バイオインターナショナルのノーズマスクピットは、ボーケン法による試験で『花粉通過率0…

ダイワリール特集

EXIST 1003H ネイティブカスタム

無類のパワーと滑らかさ。REAL ENGINE(リアルエンジン)圧倒的なパワー、シルキィな回転性能を生み出しているリアルフォーの駆動系。高精度なスーパーメタルボディーに包まれたデジギヤ、サイレントオシレーションが静謐にして力強い巻取りを可能にし、リールの心臓ともいえるドライブギヤーを大口径BBで支持するエンジンプレートが理想的なレイアウトをもたらしている。快適さが倍加する操作性。-REAL CONTROL(リアルコントロー…

アウトドア&フィッシング ナチュラム 提供:アウトドア&フィッシング ナチュラム
VIEW 本誌最新号をネットで読む
最新号を毎週火曜日に更新

毎週木曜日発売

表紙
バーコード