魚の質問箱

魚や海に関する質問コーナーです。

過去ログ

過去ログ選択フォーム
表示ログ

ヒレナガカンパチとカンパチの見分け

アップロードファイル 422-1.png

Q ヒレナガカンパチとカンパチの違いは、成魚になればその名の通り、ヒレの長さで判断できるかと思いますが、小型魚の場合は、判断が難しくなります。これを見分ける方法がありますか?     

A 夏になると途端にお目にかかる機会が多くなるカンパチ。環境の変化により、日向沖でも「ヒレナガカンパチが…」といった話を聞くようにもなりました。もしかすると、意外と大分県でもヒレナガカンパチの幼魚が入っているかも…。

そこで、オススメなのが尾ビレの下葉で見分ける方法です。カンパチの尾ビレ下葉の先端部は白くなりますが、ヒレナガカンパチの場合は白くなりません。これで両種を見分けると、サイズを気にせず見分けることができます。

  • 2018年08月10日(金)11時15分

トビウオの種類と見分け

アップロードファイル 421-1.png

Q 大分県南では、夏になるとトビウオを見かけるようになります。このトビウオにも種類があると聞きましたが、大分県でよく見かけるトビウオはいますか?     

A あまり釣りバリに掛かることはありませんが、定置網などで捕獲され、県南の食堂などでみかけることがあるトビウオ。基本的にはトビウオが多いようですが、時にはアヤトビウオやハマトビウオが入ることもあるようです。

トビウオの寿命はほぼ1年で、産卵とともに死滅します。そのため、年によって大きな群れになったり、小さな群れになったりすることが多いようです。

トビウオとアヤトビウオは、初夏から夏、ハマトビウオは、トビウオの中でも最大種で50㎝まで成長し、日本近海には春に接岸することが多いようです。

  • 2018年08月03日(金)09時40分

キンギョは外来種?

Q お祭りなどで売られているキンギョは、外来種ですよね?当然川などに放流してはダメですよね?     

A キンギョは、フナの突然変異を人為的に選択し、観賞用に交配を重ねた結果生まれた観賞魚。飼育が容易であるため、観賞魚として世界中で親しまれている魚です。日本でもお馴染みの魚で、一番最初に飼育した魚はキンギョといった人も多いのではないでしょうか?

淡水の魚で主に藻や水草を食べ、卵生で水中の植物に産卵します。通常30㎝程度まで成長し、優雅に泳ぐのを鑑賞する観賞魚です。一般的に知られている魚ですが、当然外来種です。自然に放すことは絶対に止めてください。

オーストラリアのマードック大学の研究チームが、研究したところ、野生に放したキンギョは、驚くべき繁殖能力を見せ、巨大化したとの報告もあります。意外と遊泳能力もあり、どこでも入り込むなど、コイと同じような活動範囲だったそうです。取扱にご注意ください。

  • 2018年07月27日(金)09時47分

メッキアジという魚はいない?

アップロードファイル 419-1.png

Q メッキアジといいますが、図鑑で調べても出てきません。メッキアジという名前はいないのでしょうか?     

A メッキアジとは、ロウニンアジやギンガメアジ、カスミアジなどの幼魚を総称して指す言葉です。そのため、一概にメッキアジと言っても魚種が異なることがあるのです。 そこで3 種の見分け方が必要となりますが、意外とややこしいのがこのメッキアジの見分けです。

まずパッと見で分かるのが胸ビレです。胸ビレが黄色ければカスミアジの幼魚です。 お次は尾ビレの色です。尾ビレの上葉が黒い場合は、ロウニンアジの幼魚、上葉が黒くなければギンガメアジの幼魚です。

イラストには分かり難いロウニンアジとカスミアジの幼魚を掲載します。この見分けで、漠然とメッキアジと言われている魚を特定してください。意外といろいろな魚が交じっています。

  • 2018年07月20日(金)10時28分

シマアジは2種類いる

アップロードファイル 418-1.png

Q 今まではシマアジはシマアジだけと思っていたのですが、魚に詳しい人の話では、「シマアジには2 種類あるよ」といっていました。どういう意味ですか?     

A 釣味、食味とも最高級の位置するシマアジは釣り人にとって憧れのターゲットです。そのシマアジですが、1992 年高知大学の山岡耕作教授たちが、「シマアジに遺伝的に区別できるふたつの集団がいる」と報告し、話題になりました。A型は黄色縦帯が不明瞭なもの、B型は黄色縦帯が明瞭なものと言われています。もしもDNA などの鑑定などを経て、別の魚だと分類されると、詳しい方がおっしゃるようにシマアジは2 つに分類されるかも知れません。

過去メバルは1 種類でしたが、現在ではアカメバル、シロメバル、クロメバルの3 つに分類されています。まだ分類学は未完成で、現在も進められているようです。

  • 2018年07月13日(金)10時32分

青い模様のキタマクラ?

アップロードファイル 417-1.png

Q 夏になり各地でキタマクラをみかけるようになりました。その中に青い模様が入ったキタマクラを見かけるのですが、コレって違う種類なのでしょうか?     

A キタマクラはフグ目キタマクラ属の魚で、浅海岩礁域や藻場などに多く生息するが、水深200m 以深の砂底からも見つかっている行動範囲の広い魚。問題の青い模様が入ったキタマクラは、オスにみられる模様で、特に夏場に産卵期を迎えるため、より鮮明に目立つよう婚姻色として現れるものです。

キタマクラの体長は13〜15㎝ほどまでしか成長しませんが、オスは多少大型化するようです。キタマクラは筋肉およびフグ科としては珍しく卵巣も無毒とされていますが、皮膚に強毒をもち、肝臓や腸にも毒があります。名前の由来は、そのような毒性から「食べると北枕に寝かせられる」と言われているからです。

  • 2018年07月06日(金)09時38分

イサキのオスとメスの区別…

アップロードファイル 416-1.png

Q 五目釣りで釣り上げた魚を友達と分ける時に「捌かなくても雌雄が分かると便利だな〜」と思うことがあります。私はイサキの白子が大好きなのです。捌く前に雌雄を判別する方法はありますか?     

A かなり難しいのですが、見分ける方法があります。ポイントは目の上辺りになり、目の上から口にかけて尖っているような印象であればオス、丸みを帯びているようであればメスとなります。また、よく見ると、オスの方が下顎がしっかりと発達しているとも言われています。

どちらにしても非常に微妙なので、よほど意識してみないと分からないのが本音だと思います。 魚にもそれぞれ個性があり、可愛い顔つきや厳つい顔つきの個体がいます。また、雌雄によって若干その雰囲気も異なります。今回の見分けはその微妙な違いによって判別する方法です。

そう言われてみると、どことなくメスは優しい印象を受けませんか?

  • 2018年06月29日(金)10時06分

ブダイのオスとメスの違い

アップロードファイル 415-1.png

Q ブダイを釣り上げた時に、体色が異なる場合があります。これってブダイの種類が異なるのでしょうか?     

A ブダイはオスとメスで体色が異なる魚です。また、多くは成長につれて雌から雄に変化する雌性先熟なので、性転換途中にある場合は、体色がどちらか決めかねる状態となり、さらにややこしくさせている魚です。

ブダイのオスは体色が緑色っぽい体色となり、メスの体色は赤茶色っぽい体色となります。メスの中から大きく成長した個体がオスへ性転換します。そのため、オスが釣れることは少なく、メスが釣れる確率の方が高くなるのが一般的。

生きている状態では鮮やかな体色を示すブダイですが、死後は明らかに褪色するうえ、性別や成長時点による差異も大きいのがこのブダイです。できれば釣り上げてすぐに判別することをオススメします。

  • 2018年06月22日(金)09時58分

カワハギのオスとメスの見分け?

アップロードファイル 414-1.png

Q カワハギはハーレムを作っていると聞きます。強いオスにメスが数匹群れているそうですが、オスとメスの見分けはできますか?見分けができれば、釣りに役立ちそうなのですが…。     

A カワハギのオスとメスの見分けは、第二背ビレで見分けます。カワハギの目の上にあるトゲは、背ビレが変形したものです。第二背ビレの先端部に糸状の細長いヒレが伸びていればオス、伸びていなければメスとなります。

不思議と、この糸状のヒレが長ければ長いほどオスは大きく強いそうです。中には、勢力争いの果てに途中で切れてしまったオスもいるそうですが、成魚の場合は概ねこれで見分けることが可能です。ですが、幼魚の場合はこの特徴が見当たりません。

カワハギのハーレムは、オスがいなくなると自然に群れが解体するケースが多く、オスを釣り上げてしまったらその後は釣れなくなることがあるようです。

  • 2018年06月15日(金)09時30分

アユに似ている魚はいるの?

アップロードファイル 413-1.png

Q 先日解禁となったアユですが、主食は石に付いた苔と聞きました。でも、このように苔を主食とする魚は他にいません。分類上アユの近種はいるのですか? それともアユ単独ですか?     

A 独特の習性を持つアユですが、魚類学上はキュウリウオ目キュウリウオ科のアユ亜科と分類されます。近種となるのは、ワカサギやシシャモ、キュウリウオとなります。ここで、疑問に思えるのが、アユの尾ビレの前にある脂ビレです。

脂ビレを持つ魚はサケ科の仲間だけと思っていると大間違いとなります。独立法人水産総合研究センターさけますセンターのコラムによると、「脂ビレがあることで、効率よく遊泳できる」という研究結果を示しています。つまり、キュウリウオ科の魚も脂ビレを持つことで、より小さい力で効率的に泳いでいると言われています。

急流で苔をはむアユの習性を考えると、非常に納得の行く説明だと思います。

  • 2018年06月08日(金)10時07分

黄色いイシダイ?

アップロードファイル 412-1.png

Q 先日、磯釣りを楽しんでいる時に、体長16㎝ほどの黄色いイシダイを釣りました。友人には「何か違う」と言われました。黄色いイシダイっているのでしょうか?     

A 現物の写真を確認していないので、なんとも言えませんが、もしかするとカゴカキダイの可能があります。カゴカキダイは黄色い魚体に黒い縞模様がある魚で、一見イシダイの幼魚(サンバソウ)のように見えます。

両魚種の決定的な違いは、イシダイが横縞模様なのに対し、カゴカキダイはやや斜めの縦縞模様となります。ちなみに、魚の場合は、頭を上、尾ビレを下にした状態でどのように縞模様が入っているかを説明するため、イシダイは横縞模様となります。


どちらも同じような環境に生息しているため、見間違うことが多い魚です。ぜひ覚えておいて、今度釣り上げた時に見て確認して下さい。

  • 2018年06月01日(金)09時58分

大分で釣れるバリに種類はある?

Q 磯釣り初心者ですが、時折外道で釣れるバリですが、地域によって体色が異なるような気がします。バリにもいろいろな種類があるのでしょうか?     

A 日本近海で釣れるバリ(標準和名:アイゴ)には、主に12 種類が生息していますが、豊後水道で釣れるのはほとんどバリとなります。もっと南へ下ると、ヒメアイゴやアミアイゴなどがいますが、豊後水道ではそれほど見かけることがない種類です。

ここで、問題なのは体色ですが、バリほど生息域によって体色を変える魚もないと思えるほど、全くことなる体色を見せる魚です。右の写真の通り、同じアイゴでも個体差が非常に差が出てしまう魚なので、バリに限って言えば、体色はあまり当てにならないと思ってください。

このような形の魚が釣れれば、ほぼバリだと思って間違いありません。

  • 2018年05月25日(金)09時42分

夜にベラが釣れないのは?

アップロードファイル 410-1.png

Q いよいよ大分市の大在ふ頭でもエサ盗りがちらほら出始めました。大在公共ふ頭のエサ盗りといえば、私はベラを思い出しますが、不思議と夜になると釣れません。なぜですか?     

A 世界中の暖かい海に約500種が生息するベラの仲間。日本近海には約130 種が生息し、磯やサンゴ礁などで普通に見ることができます。もちろん釣り人にも馴染みの深い魚です。

ベラの仲間はほとんどの種類が肉食性で、丈夫な歯をもち、ゴカイや貝、甲殻類などを捕食します。また、ほぼすべての種類が昼行性で、夜は岩陰にひそんだり、海底の砂にもぐったりして眠ります。だから昼間はハリ掛かりするのに、夜になると途端に釣れなくなります。ベラ科の最大種はカンダイですが、このカンダイも夜は寝ているようです。

これから夏に向かって夜釣りの季節となります。夜魚が釣れる理由のひとつは、ベラが眠るからとも言えます。

  • 2018年05月18日(金)10時26分

イラとテンスの違いは?

アップロードファイル 409-1.png

Q 通常呼ぶイラ(一部ではハトポッポ)と非常に似ているテンスがいます。どちらがイラでどちらがテンスか明確に見分ける方法はありますか?     

A 標準和名イラ(通称=ハトポッポ)とテンスは、ともにベラ科の仲間で非常に似ている魚です。一番簡単なのは、体にタスキを巻いたような模様があるかないかなのですが、実は個体によってはこのタスキ模様が薄い場合もあります。そこで、より確実な方法は、背ビレを見ることとなります。

もしも背ビレが前と後ろの2 つに分かれていたらテンス、分かれていなければイラとなります。特にテンスは、第1 背ビレが長く伸びるため、この背ビレを見るとで両種を見分けることが可能となります。

どちらかと言えば、テンスの方がより深場で釣れる魚で、磯釣り師にはイラの方が馴染みが深い魚と言えます。

  • 2018年05月11日(金)10時04分

マサバとゴマサバの見分けが難しい

アップロードファイル 408-1.png

Q 通常、マサバとゴマサバは、腹に黒い点の有無で判断すると思いますが、個体によってはこれが薄い場合があります。そのような場合は、どこで見分けるのでしょうか?     

A 近年ゴマサバの中にマサバのようにゴマ点がない個体が増えているように思います。そして、実は、サバの見分けは専門家もレントゲンを撮らないと分からないケースもあるそうです。

厳密に見分ける時は、背ビレの第一棘条の1 番から9 番までの長さを図り、それを体長で割って100 をかけます。その数字が12 以上はマサバ、12 未満はゴマサバとなるそうです。

実は難しいサバの見分け。釣り上げたときにぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

  • 2018年04月27日(金)11時36分

気圧が釣果に影響する?

Q 釣り初心者です。先輩の釣り人から「低気圧が近づくと釣りやすくなる」と教えてもらいましたが、本当ですか?     

A 概ね、その通りだと思います。日本列島を低気圧が通過する時に、海が気圧の影響で多少押し上げるように作用します。また、魚は自身の浮力を調節するために浮き袋を持っており、これも低気圧の影響で若干膨れ、魚を押し上げる役目をしてくれるようです。その他、波の影響で鳥などから狙われにくい。警戒心が薄くなるなど、釣りやすくなる理由が複数重なる状態だと言えそうです。

特に、ベイトフィッシュと呼ばれる魚たちは、他の魚から狙われやすいため、食べながら警戒する行動を繰り返しています。ですが、低気圧が近づくと、前述した理由から普段よりも大胆に行動するようになり、普段なら見向きもしない疑似餌などに反応しやすくなるようです。 とはいえ、低気圧が近づくということは、天気が荒れるということです。風や波が強くなったり、場所によっては波を被るような場合もあります。身の安全を十分注意してから釣行してください。

  • 2018年04月20日(金)09時52分

アラカブの目が飛び出すわけ

アップロードファイル 406-1.png

Q よくアラカブの釣果画像が掲載されますが、どれも目が飛び出しています。これって、水圧の関係で目が飛び出すのですか?     

A おっしゃる通り、水圧の関係で目が飛び出すのは、水深が深い場所から一気に釣り上げた場合に起こる現象です。通常は、他の魚と同じように、眼球は中に収まっており、飛び出してはいません。それが一気に水圧が低い海面まで巻き上げられることによって、中で圧縮されていた浮袋が一気に膨れ上がり、眼球を押し出してしまうため、このように目が飛び出してしまうのです。

それでは、水深200 m以上の深海で生活する深海魚はどうなのでしょうか? 深海魚の場合、水圧で膨張圧縮を繰り返す空気を排除することで、臓器が変形することを防ぐような体になっています。具体的に言えば、浮袋から空気を抜いたり、浮袋自体をなくすなどの進化をしたのが深海魚なのです。

ところが、もう一つ問題がありました。高い水圧の環境では、細胞が潰れてしまうのです。そこで深海魚は圧力に強いタンパク質で覆われた細胞を作り、物凄い水圧環境でも生存できる力を手に入れました。

  • 2018年04月13日(金)09時46分

アコウとアコウダイ

アップロードファイル 405-1.png

Q ネットで釣り仲間とアコウの話しをしていました。しかし、どうも食い違うことがあり、よくよく聞くとアコウをアコウダイと思って話していたみたいです。似た名前ですが、全然別の魚でビックリしました。     

A 魚には標準和名と地方名があります。アコウは地方名で、標準和名はキジハタです。よって、インターネットなどで他の地域の人と会話する時には注意が必要となります。会話に出てきたキジハタ(アコウ)はハタ科の魚、一方アコウダイは、フサカサゴ科の魚です。キジハタは大分県でも釣れますが、アコウダイは水深500 〜 800 mという深海に生息するため、そのような場所を狙う船がありません。

関東まで出かけると、シーズンによってアコウダイを狙う専門の船があり、深海釣りが楽しめます。大分県で行われるアラカブ釣りと同じような釣り方で釣れるようです。キジハタの煮付け大分県ではアコウと呼ばれるキジハタは、ハタ類のなかでも美味しい魚として有名。特に煮付けは最高に美味しい魚。

  • 2018年04月06日(金)09時32分

ダツにも仲間がいる?

アップロードファイル 404-1.png

Q これから夏に向けて見かけるようになるダツですが、このダツにも数種類いると教えてもらいました。大分県でみかけるダツは何種類ほどありますか?     

A ダツ科の魚は、7 種ほどいると言われていますが、このうち大分県で見かける魚はダツとハマダツ、テンジクダツ、オキザヨリの4 種となります。ダツ科の仲間は南方系の魚が多く、この4 種以外の魚は沖縄県以南でしか見かけることがありません。そのうち最もよく見かけるのがハマダツとダツです。

両種の見分けは、体に横縞模様があるかないかです。縞模様があればハマダツ、なければダツとなりますが、これも魚の状態によって縞模様が濃い場合もあれば薄い場合もあるようで、釣り場で見分け辛いケースもあるようです。

魚類や甲殻類などを食べる動物食性で、小魚が増える夏に豊後水道にも回遊してきます。

  • 2018年03月30日(金)10時41分

ウミタナゴとタナゴの違いは?

アップロードファイル 403-1.png

Q 海水魚のウミタナゴと淡水魚のタナゴは同じ魚なのでしょうか?それとも異なる魚なのでしょうか?     

A 淡水魚のタナゴは、コイ目・コイ科に属する魚。一方、海水魚のウミタナゴはスズキ目ウミタナゴ科に属する魚で、全く別の魚であるといえます。では、なぜどちらもタナゴとの名前が付いているのかといえば、体型が非常に似ているからといった理由だけです。

どちらも菱型の体型に、小さい顔つき出た口が特徴的で、尾ビレも二股に分かれていることなどもそっくりです。

ウミタナゴといえば、釣りの外道として釣れることもあり、釣り上げた時にお腹から稚魚がたくさん産み落とされることもシバシバ。ウミタナゴは魚では珍しく胎生となり、卵は産みません。また、地方によっては、ウミタナゴの出産が逆子で産み落とすことを理由に、お産の近い人には食べさせないそうです。

  • 2018年03月23日(金)09時35分
Web Diary