TOP ≫ column-TOP ≫ 魚の質問箱

魚の質問箱

魚や海に関する質問コーナーです。

記事一覧

ニジョウサバは大分で釣れる?

アップロードファイル 368-1.png

Q 先日、鹿児島で釣りをしてきた人から「ニジョウサバ」をもらいました。このニジョウサバは大分でも釣れるのですか?     

A ニジョウサバは、主にインド洋を中心に生息するサバの仲間です。日本では、沖縄や鹿児島県などで釣れる南方系のサバです。最大で70㎝ほどまで成長し、その容姿から創造できるように遊泳力が高いので、スリリングなヤリトリが楽しめる魚です。

今のところ船釣りで1 度だけ釣れた話を聞いたことがありますが、ほとんど見かけない魚だと思っています。もしも釣れたら逆にお知らせ頂けると嬉しいです。

ニジョウサバは、メタルジグやスプーンなどルアーでも釣れますし、フカセ釣りでも狙える魚です。

問題の食味ですが、ちょうどサワラとサバの中間のような味だそうで、すぐに傷んでしまうので、早めに食べることをオススメします。

  • 2017年05月26日(金)09時36分

キントキダイとチカメキントキの違い

アップロードファイル 367-1.png

Q 先日、キントキダイを釣ったら、船長は「チカメだ!」と言います。帰って調べたら、キントキダイとチカメキントキは異なる魚だと知りました。簡単に見分ける方法を教えて下さい。     

A キントキダイとチカメキントキはパッと見は非常に似ているのですが、慣れてくると体のバランスなどから両種を見分けることができるようになります。

キントキダイはそれほど体高がなく、チカメキントキは体高があります。また、チカメキントキは、他のキントキ類とくらべても、背ビレと尻ビレが大きいことも特徴です。この2 つから両種を見分けることができます。

キントキ(金時)とは、赤という意味合いを持ちます。坂田金時をモデルにした歌舞伎『怪童丸』が赤い衣装を身につけていたため、金時が赤を意味するようになったそうです。キントキダイの刺し身防波堤の夜釣りや船釣りなどで釣れるキントキダイ。市場価値はあまり高くないようですが、非常に美味しい魚です。ぜひ試食して欲しい魚の一つです。

  • 2017年05月19日(金)10時02分

アコウとアコウダイ

Q 大分県でアコウといえば標準和名=キジハタですが、他県の人にはアコウと言えばアコウダイなのですね。先日他県の釣り人と話していて、びっくりしました。     

A 魚には標準和名と地方名があります。アコウは地方名で、標準和名はキジハタです。よって、インターネットなどで他の地域の人と会話する時には注意が必要となります。 会話に出てきたキジハタ(アコウ)はハタ科の魚、一方アコウダイは、フサカサゴ科の魚です。キジハタは大分県でも釣れますが、アコウダイは水深500 〜 800mという深海に生息するため、そのような場所を狙う船がありません。

関東まで出かけると、シーズンによってアコウダイを狙う専門の船があり、深海釣りが楽しめます。大分県で行われるアラカブ釣りと同じような釣り方で釣れるようです。

  • 2017年05月12日(金)09時10分

釣れる魚で危険な魚を教えて!

アップロードファイル 365-1.png

Q こんど初めて魚釣りに行こうと思います。そこで、触ると危険な魚を教えてください。     

A 魚釣りで釣れる魚は、それこそ釣り場や釣り方によって変わってきます。当然、危険な魚の種類も変わってくるのですが、今回は防波堤や投げ釣りで釣れる可能性がある危険な魚をご紹介します。 イラストの上からバリ(アイゴ)、アカエイ、ゴンズイ、ハオコゼです。バリは防波堤や磯で見かける魚。棘に毒があります。アカエイは主に投げ釣りで釣れる外道。尾の付け根に棘毒があります。ゴンズイは、防波堤の夜釣りで釣れる魚。こちらも各ヒレに棘と毒、ハオコゼも同様です。

これらの魚が釣れた場合は、必ずタオルなどで魚を包んでから手で押さえてハリを外してください。

特に夜釣りの時は、必ず魚を確認してからハリを外すこと。間違って掴むと、痛い目にあいます。

  • 2017年04月21日(金)11時30分

キュウセンの見分け

アップロードファイル 364-1.png

Q 徐々に水温が暖かくなり、エサ盗りも増え始めたこの頃。釣り仲間とキュウセンの見分け方について話題になります。あれって、どうやって見分けるのでしたっけ?     

A ベラ科の仲間は、日本各地に生息し、釣り人からもエサ盗りの代名詞として有名の魚が多いです。このベラ科の特徴として、ほとんどがメスとして生まれ、その中で大きく成長したメスがオスへと性転換する魚がほとんど。そのため、体色の変化では見分けることが難しい魚種が多いのが特徴です。

問題のキュウセンですが、これが一番解りやすく、体の中央に黒い帯が見られる魚は全てキュウセンだと思って間違いありません。

キュウセンも性転換する魚ですが(オスは黄緑色、メスはオレンジ色)、この黒帯だけは雌雄どちらも存在するため、これを目安に見分ける方法が一番です。ぜひ覚えておいてください。

  • 2017年04月14日(金)09時17分

クロサギとダイミョウサギの違い

アップロードファイル 363-1.png

Q 非常にマニアックな魚ですが、クロサギという魚がいます。このクロサギと似ている魚でダイミョウサギがいますが、両種を簡単に見分ける方法を教えてください。よろしくお願いします。     

A 非常に見分けることが難しい魚の一つです。どちらも見慣れてしまえば、見分けることが可能なのですが、パッと見で見分ける方法は、体高のあるなししかありません。体長と体高を比べて見た時に、体高が低い場合はクロサギ、体高が高い場合はダイミョウサギとなります。

曖昧なたとえになりますが、コイのように体が細い場合はクロサギ、ヘラブナのようにどちらかといえば菱形っぽく見える場合はダイミョウサギと覚えるのはいかがでしょうか?

クロサギは、沿岸の浅海に生息し、海底付近を遊泳している魚です。驚くと砂泥に潜って隠れることがあるなど愛嬌のある魚だと思います。

  • 2017年04月07日(金)10時33分

ウグイとマルタの見分け方?

アップロードファイル 362-1.png

Q よく河口でチヌ釣りを楽しんでいると外道で釣れるウグイですが、知り合いは「マルタだ」といって譲りません。調べてみるとどちらも別種だとわかりましたが、どうみても同じにしか見えません。どうやって見分けるのですか?     

A ウグイとマルタ(マルタウグイ)は非常に似ているため、同種だと思われることが多い魚です。パッと見の見分けは、目の後ろ(ほほ辺り)が眼球とくらべて大きく広いのがマルタ、小さいのがウグイとなりますが、これも魚体の大きさによって異なるため、パッと見の見分けは非常に難しいと言わざるを得ません。

厳密には、マルタは側線鱗数がウグイよりも10 枚ほど多いため、この数を調べて見分ける方法となります。 あまりに一般的ではないため、今でも両種は同一と思われることが多いですが、別種であることは間違いありません。大雑把に河口で釣れるのはほぼマルタだと言えそうです。

  • 2017年03月31日(金)10時45分

この魚の名前は何ですか?

アップロードファイル 361-1.png

Q 大分沖でタイラバを楽しんでいる時に釣れました。この魚の名前は?     

A 船釣りで底層周辺を狙っていると時折かかってくるミシマオコゼという魚です。通常は、30〜200mほどの水深の砂底に生息しています。

体を砂に潜り込ませ、目と口だけを出した状態で獲物が通過するのを待ちます。目の前を獲物が通過すると、一気に砂の中から飛び出し、丸呑みにしてしまう魚です。

体にあるトラ模様とエラ蓋が発達した棘が特徴の魚で、覚えてしまえば一発で見分けることができる魚です。

毒はないのですが、それほど美味しい魚ではないと評判。味がタンパクなので、ソテーや煮付けなどにすることをオススメします。

  • 2017年03月24日(金)10時47分

この魚の名前は?

アップロードファイル 360-1.png

Q 先日釣りを楽しんでいる時に釣れた魚です。この魚の名前はなんというのですか? 教えてください。     

A 磯釣りやボート釣りなどの外道として釣れる事が多いオハグロベラです。温帯域の浅い海に生息し、南日本の岩礁や、藻場で時折見かけるベラ科の仲間です。オハグロベラの特徴は、ベラ科にしては体高のあるその魚体と、お送り頂いた画像のようにオスは黄色に縁取られるなど派手な体色があるため、他のベラの仲間とも比較的見分けやい魚の一つです。

このオハグロベラは、ベラ科の中でも美味しい部類の魚で、上品な白身にしまってプリプリしている身が特徴。見た目はあまりよろしくないが、味はいいため外道と言えども知っている人は持ち帰る魚です。

大分県内の防波堤ではあまりみかけないが、ちょっと沖へ出て、底層を流していると、意外とハリに食いついてくるので、ぜひ覚えておいて欲しい魚です。

  • 2017年03月17日(金)11時01分

天然マダイと放流マダイの違い?

アップロードファイル 359-1.png

Q タイラバでマダイを釣るのが大好きです。ところで、天然マダイと放流マダイの違いを教えてください。見分ける方法があれば、それも知りたいです。     

A マダイに天然と放流を見分ける方法は、天然と放流の定義によってかなり異なってくるため、なかなか難しい問題です。よって、かなりアバウトになってしまいますが、人工孵化したマダイなのか、自然界で生まれたのかを大雑把に見分ける方法をお伝えします。

マダイの場合、写真のように鼻孔が繋がらず左右あわせて4 つあるものが天然孵化。これがつながって左右合わせて2 つのマダイは人工孵化の確率が高いと言われています。 これは養殖する過程で、人の手が加わることで、このように鼻孔がつながってしまうようです。一つの目安として覚えておいて下さい。

  • 2017年03月10日(金)09時32分

つり太郎SHOP

- PR -

世界初の花粉症対策マスク ノーズマスクピット 14個入り

●ノーズマスクピットは世界初の花粉症対策マスクです。 ノーズマスクピットは従来の顔を覆うマスクとは違い、ノーズマスクピットのフィルター部分を直接鼻に差し込んで使用しますので、顔の表情も見え、会話や食事も普段通りに行えます。 顔を覆うマスクをしないので、女性の方の化粧崩れやマスクによる息苦しさなどもありません。●バイオインターナショナルのノーズマスクピットは、ボーケン法による試験で『花粉通過率0…

ダイワリール特集

EXIST 1003H ネイティブカスタム

無類のパワーと滑らかさ。REAL ENGINE(リアルエンジン)圧倒的なパワー、シルキィな回転性能を生み出しているリアルフォーの駆動系。高精度なスーパーメタルボディーに包まれたデジギヤ、サイレントオシレーションが静謐にして力強い巻取りを可能にし、リールの心臓ともいえるドライブギヤーを大口径BBで支持するエンジンプレートが理想的なレイアウトをもたらしている。快適さが倍加する操作性。-REAL CONTROL(リアルコントロー…

アウトドア&フィッシング ナチュラム 提供:アウトドア&フィッシング ナチュラム
VIEW 本誌最新号をネットで読む
最新号を毎週火曜日に更新

毎週木曜日発売

表紙
バーコード