TOP ≫ エギング入門 ~ロッドの選び方~

Writer : 猪熊博之

Residence : 大分市在住

Club : MFG九州/釣研FG東九州支部

Pride : マルキュー/フィールドテスター 釣研/フィールドテスター

クロ・チヌのフカセ釣りをメインに楽しむ一方、エギングでもその抜群のセンスを見せる。攻める釣りを得意とする同氏に、エギングはもの凄くハマっていると本誌も感じる。今回はエギング初心者にとっても難しいタックル選びから、大型アオリイカの釣り方までを解説してもらった。

ロッドの選び方 ≫ PEラインの選び方 ≫ 釣り方 ≫ 大型アオリイカの釣り方 ≫ エギの選び方 ≫ イカの保存法

(1)ロッドの選び方

エギング初心者にとって主な道具としては、ロッド、リール、糸、エギ、ギャフ等が挙げられます。その中でも、ロッドを選択し購入するのは、品質、価格等でかなり迷われるのではないかと思います。通常、磯竿、鮎竿、へら竿等の竿は、値段が高い程いい竿と言って良く、良質な素材を使用した竿です。しかし、エギングロッドに関しては、今のところ一概にそうとは言えないのが現実です。では、エギング初心者は何を基準に選択すれば良いのかが問題となります。私がロッドを選択する基準として最も重要視するのは、エギングロッドの硬さとガイド設計の2点です。

エギングエギングロッドの硬さですが、軟らかいものや中途半端に硬いロッドはダメです。とにかく、しっかりした硬さのあるロッドが良く、特に、振った時、バッド部がブレない硬さが必要です。軟らかいロッドは、エギをシャクった時、ロッドにその力が吸収されるため、うまくエギにシャクッた動作が伝わりません。軟らかいエギングロッドを使用していて、手元で、いくらシャープにシャクッて見せても、海の中にあるエギの動きは、イメージとは違いゆっくりと鈍い動きになってしまいます。これは、エギング初心者に限らず、釣れない原因の致命的な要素となるのです。アオリイカが目前のエギを抱こうとするスイッチが入るのは、キレのいいシャープな動きを見せる時に限るからです。つまりエギングロッドの役目は、アオリイカが掛かった時のヤリトリやアオリイカの引き味を楽しむ事に重点を置くものでなく、いかに、手元でのシャクリの動作を海中にあるエギへ、イメージ通りに演出できるかという道具として重視されるものなのです。そうなると、ロッドは硬くてバッド部がしっかりしたものを選ぶことが大切なこととなります。

そして、エギングロッド全体が棒のようにシャキッと硬く設計されているものも十分いいのですが、できればティップ部だけが少し気持ち軟らか目に設計されているものが最高と言えます。これは、エギをシャクリ始める時、ティップ部でエギをしっかり掴むことができるからです。特に、3~5回連続してシャクリを入れるような場合は、スムーズにシャクリがエギに伝達されます。ロッド全体から見れば、バッド部は振った時、ブレのないようなしっかりした硬さで、ティップ部は気持ち軟らか目に設計されているエギングロッドがいいロッドと言えます。

次に、ガイド設計についてですが、意外とこれがロッド選びの要となってくるのです。ロッドの硬さ加減は、2万円以上のロッドであれば、そんなに悪い設計で仕上がっているものは少なく、ある程度の小さい幅での違いはあるものの、ガイドの設計は、かなり千差万別です。最近では、糸カラミを防止するために工夫されているガイドが主流となっており、ラインが絡まないという点に関しては効果があるのですが、飛距離が出ないというデメリットも出て来る場合もあります。特にエギング初心者方はこの傾向が強く出てしまします。

ガイド設計(下図)を見てもらえば判りますが、糸絡み防止を主体にして設計されているガイドは、イラスト図のようにロッドとガイドのピッチが小さいため、エギをキャストした時にガイド内を通過するラインがロッド本体に当たって出ていくため、それが摩擦抵抗となり飛距離が出ません。また、ロッドとガイド部のピッチが狭いとリールから出たラインと一番目のガイド部に角度が生じるため、その部分でも摩擦抵抗が生じます。  だから、このような糸絡み防止を主体にしているガイド設計のエギングロッドは、糸絡みが減少するものの飛距離がでないのです。エギング初心者の方は注意が必要です。

ロッド

特に、私は波止や地磯をメインに釣り歩くため、飛距離が出ないと数、型共に釣れる確率が下がってしまうので、飛距離が出るロッドを好んで使用します。糸絡みといっても、絡むようなトラブルが発生するのは、ほとんどがトップ部辺りで生じるので、絡み防止策はトップ部の3~4つのガイドに設定していれば問題はないと思います。

そこで、どのようなガイド設計が良いのかというと、リールのスプールからトップガイドまでが直線に近くなるようなガイド長さで設計されているようなものが、飛距離の出る竿です。ロッドを手にして、一番下のガイドからトップガイドが見えるようなエギングロッドです。

そして、絡み防止としてトップガイドから4番目ぐらいまで、絡み難いガイドが装着されています。このように設計されているエギングロッドは、リールのスプールから出るラインとガイドとの角度も生じないし、キャストした時にロッドとラインが触れ合うことがないので摩擦抵抗が減少する分、飛距離が出ます。

飛距離の差といっても、一度体験してみれば分かりますが、歴然とした差が出ます。飛距離が稼げる分、探れる範囲も広くなるので、釣果も差が出てくることは想像がつくでしょう。エギング初心者の方が釣れない原因は、この飛距離が稼げないことがかなり大きなの要因となるようです。

ロッドの選び方 ≫ PEラインの選び方 ≫ 釣り方 ≫ 大型アオリイカの釣り方 ≫ エギの選び方 ≫ イカの保存法

VIEW 本誌最新号をネットで読む
最新号を毎週火曜日に更新
バーコード