TOP ≫ column-TOP ≫ コラム 釣り雑学

コラム 釣り雑学

週刊つり太郎に掲載された過去コラム

記事一覧

尺アユ最盛期!

いよいよ秋。朝晩も涼しくなり、渓流釣りも禁漁期間となった。となる友釣りはラストスパート。産卵を迎える前の良型アユ狙いで、連日釣り人が入川しているとの話を聞くようになった。

特に今年は、シーズン初期が振るわず、台風などの影響もあり、なかなか川に入ることができない日々が続いた。そのため、残ったアユがスクスクと成長し、尺アユが連発しているといった最高のラストを迎えているようだ。

「まだサビも入っていないアユが多く、まだまだ狙えそう」とは、地元の釣り人のコメント。そうなのだ! 年々アユの産卵期はズレていて、今年も10月後半から12月上旬にかけてが産卵期となりそう。ピークは11月中旬と予測している。となれば、まだまだ友釣りはこれから…。大いに楽しんで頂きたい。

このようなアユの産卵期のズレは、他の魚にも影響する。スズキの遡上時期も変わるだろうし、落ちてきた稚魚を求めて河口に集まる青物の時期もズレる全ての事象が他の動きに影響を与える。まるで鏡のような水面に水滴を垂らしたように、波紋は広がり、隅々まで影響するわけだ。

これを体験として知っている釣り人は強い。いろいろな魚釣りをすればするほど、こういった状況は入るため、今年の狙い場や狙い時をいち早く察知(想像)することができる。何事も実体験に叶うものはないと痛感する瞬間だ。好きな釣り物以外の情報を拾うことは、幅の違いを生むかも…。この魚の名前は何ですか?大分沖でタイラバを楽しんでいる時に釣れました。

  • 2019年10月04日(金)10時03分

天気と大漁

「週末ごとに天気が悪く釣りに行けない」と今年も釣り人のボヤキを多く聞く。昨年の夏場も同様の動きをしていただけに、数年これが続くと非常に困る! あ~海神様、好天の週末を与えたまえ~。

ボヤキはともかく、気になるのはこれだけ天気が悪い日が続くと釣りだけでなく漁獲高も減ってしまうのでは? といったこと。これについて面白い論文があった。東北区水産研究所・混合域海洋環境部・生物環境研究室の齊藤さんが書いた「天気と大漁」という論文である。

この論文によると、「近年の日本沿岸での漁獲高(特にマイワシ)は、日本からはるか数千キロも離れた海域の気象の変化が、数十年周期の大漁・不漁の原因となる」と説いている。ご存知のように日本の太平洋沿岸は黒潮の影響を大きく受けている。大分県ももちろんである。そんな黒潮は、北太平洋中央部の風の影響で温度が上下するらしい。そして、この黒潮の水温の上下が魚類の動きに大きな影響を及ぼす。ついでに、気象にも影響を及ぼすといったもの。数十年当たり前と思っていたことが当たり前ではなくなって来た現れが、引いては釣果へとつながっているわけだ。

近年はこの論文をから考えを更に進めて、予測を立てる方向へと動いているようだが、当然我々釣り人の釣果にも直結する問題。海神様が機嫌を損ねると、大きな影響があることを改めて知った。我々一人ひとりの力は小さいが、それでもできることはあるはず…。海神様を怒らせないために…。

  • 2019年09月27日(金)10時27分

釣りの師匠と弟子

江戸の小話に「釣りの先生」がある。【つり、おしえます】と書かれた看板を見つけた男が、「どうかわたしを、弟子にしていただけますか?」と先生に頼み込む。そこで、先生は、男に2階へ上がって釣り竿から糸を垂らすように指示する。先生は下から糸を引っ張り、「これは何の引きかな?」と問う。「わかるともハゼだ!」、「いやいやこれはキスだ」との押し問答が繰り広げられるといった内容。

結局のところ釣りの先生は「見どころなし」として男を弟子にすることはなかったが、どうも最初からその気がなかったのでは…と思うのは私だけか?

ところで、魚釣りは本当に感覚の世界だけに、仕掛けや釣り方を教えてもらっても、最終的には自分の感覚で覚えていかなければ行けない世界。ルアーのアクション、仕掛けの流し方、アワセのタイミング。それら全ては感覚である。また同じ魚でも状況が変わればアタリ方も変わる。私なども男と同様に、「残念ですが、あなたには見込みがありませんね。釣りは、あきらめなさい」と言われ兼ねない。それほど奥深く単純には理解できない。

だからこそ、やはり釣りクラブに入ることをオススメしだい。釣りの諸先輩方が、いろいろなアドバイスをくれるだけでなく、マル秘のテクニックを教えてくれるはず。これはネットに流れる情報とは情報の濃さが違う。

近年は人間関係を嫌い単独行動の釣り人が増えているが、一歩先に行くには一考の価値があると思うが…。

  • 2019年09月20日(金)10時09分

台風の発生数

佐賀県や長崎県で甚大な被害を出した台風。この影響で釣りには行けないし、予定されていたイベントは続々と延期となる。もちろん被害に遭われた方々はそれどころではないはず…。自然とは切っても切れない関係の魚釣りには、本当に影響がデカいのだ!

まだまだ台風シーズンも続くものと思われ、もうしばらく様子見が続きそうだ。そこで、「台風増えていない?」といった声が多いので、過去の台風発生件数を調べてみた。過去20年を比べた限り、少ない年で20台前半、多い年で20台後半の台風が発生しているようだ。ちなみに昨年は29 とやや多く、今年は9月上旬の時点で15 とやや少なめ。これを見る限り、特別多くなっているわけではなさそうだ。

それでは、日本列島に上陸した数は? といえば、こちらはやや増加傾向となっている。過去20年で一番多いのは、2004年の10。昨年は5今年は9月前半で3 となっている。もう一つ台風の接近数という数字もある。こちらは先程の2004年で12、昨年で10、今年9月上旬で4 とあり、昨年と同じような感じで台風が接近していることが分かった。

つまり、台風の数よりも接近または上陸することが増えたと言えるのが近年の状況である。また、年々大型台風になりやすくなっていることも被害を拡げる一端。暦の上では初秋であるが、今回の台風一過では、軒並み気温が上昇。つまり夏台風だったわけだ。まだ海は真夏であると想像している。台風一過の秋晴れはもう少し先…。

  • 2019年09月13日(金)09時26分

遠投の釣り時代

釣具の進歩とともに、絶対的に変わっていることがある。それが遠投性だ! 釣具の進化に合わせて、より遠くへ仕掛けやルアーを飛ばすことが可能になっている。それだけ広範囲に探れるようになったわけだが、逆にこれが釣りを難しくしていることも否めない。

遠投すればするほど、自分のウキやルアーを確認することが難しくなり、今までの経験からイメージしてルアーや仕掛けを操作しなければならない。また、これに釣り座からウキ(ルアー)までの距離の分だけ道糸(ライン)が出ているため、これが仕掛け(ルアー)の沈下や動きを邪魔してしまう。思うような動きになっていないケースが多発する。これが釣りを難しくする原因になっているような気がする。皆さんはいかがだろうか?

遠投することは、今まで狙うことができなかった場所を狙えるようになるメリットばかりか、エサ盗りなどを回避することも容易になる。しかし、前述のようなデメリットもあるので、どこまで飛ばすかは本人の技量次第となる。飛ばせばいいというものでもないわけだ。

「自然に合わせる」や「自分の釣りをする」という言葉は、こういった意味であるとつくづく感じる。自分の思いとは異なる自分の技量をわかった上で狙う筋を決める。これが一番難しいのだ。私など欲張りな性格が先に出てしまい、飛ばせるだけ飛ばしてしまう。だから釣れない。分かっているけど止められない。これも釣り人の性か…。

  • 2019年09月06日(金)09時17分

つり太郎SHOP

- PR -

世界初の花粉症対策マスク ノーズマスクピット 14個入り

●ノーズマスクピットは世界初の花粉症対策マスクです。 ノーズマスクピットは従来の顔を覆うマスクとは違い、ノーズマスクピットのフィルター部分を直接鼻に差し込んで使用しますので、顔の表情も見え、会話や食事も普段通りに行えます。 顔を覆うマスクをしないので、女性の方の化粧崩れやマスクによる息苦しさなどもありません。●バイオインターナショナルのノーズマスクピットは、ボーケン法による試験で『花粉通過率0…

ダイワリール特集

EXIST 1003H ネイティブカスタム

無類のパワーと滑らかさ。REAL ENGINE(リアルエンジン)圧倒的なパワー、シルキィな回転性能を生み出しているリアルフォーの駆動系。高精度なスーパーメタルボディーに包まれたデジギヤ、サイレントオシレーションが静謐にして力強い巻取りを可能にし、リールの心臓ともいえるドライブギヤーを大口径BBで支持するエンジンプレートが理想的なレイアウトをもたらしている。快適さが倍加する操作性。-REAL CONTROL(リアルコントロー…

アウトドア&フィッシング ナチュラム 提供:アウトドア&フィッシング ナチュラム
VIEW 本誌最新号をネットで読む
最新号を毎週火曜日に更新

毎週木曜日発売

表紙
バーコード