TOP ≫ 魚釣り初心者へ ≫ フカセ釣り入門編

魚釣り初心者へ




今回は45センチまでのチヌを、足場の深い釣り場で狙うイメージで道具をセットします。

竿:フカセのチヌ用の竿。1~1.5号。
グレ釣りなど他魚モデルでも良いですが、号数は1~1.5号クラス推奨。
竿が柔過ぎると魚を掛けた時のコントロールが難しいし、固過ぎるとヤリトリ中に魚がバレやすいです。

リール:2000~3000番クラスのスピニングリール

道糸:2号前後

ハリス:1.5~2号。

ウキ:水深と流れにより、使用ウキの号数が決定されます。ウキの種類については、円錐ウキと棒ウキが主流です。初心者には仕掛け絡みが少なく扱いやすい、円錐ウキをオススメします。今回は水深が5~8m程度で比較的流れの少ない場所を設定するので、B~5Bのウキを準備しましょう。(推奨最低保有:B、3B、5Bをそれぞれ3個ずつ)

ハリ:チヌ用を1~3号。

小物:ガン玉(G5~5Bまで)、ウキ止め糸、シモリ玉、ウキストッパー、サルカン(直結の場合はいらない)

マキエ:沖アミ1角+チヌ用集魚剤3キロ(1人で約3時間)

ツケエ:沖アミの生、練りエサ

その他道具:マキエ用ヒシャク、タモなど

※場合によってエサ盗りの多い時、もしくは練りエサの効果的な時がある。 道具については、基本的には釣り場近くの釣具店の店員さんに相談しながら購入するのが良いでしょう。

必要な結び:ウキ止め、ハリ結び、ミハラ結び、ユニノット(サルカン使用時)

釣り場選択:車を横付けできる、足元の深い岸壁がオススメです。
流れの穏やかな場所の方が、初心者には釣りやすいです。
釣り場選択も、釣り場近くの釣具店さんを利用することをオススメします。

釣り方:マキエをよく練り込みます。
水深を測り、ウキ止めの位置を底の深さに合わせます。
※チヌは基本的に、底狙いの魚です。温かい時期や寒い時期でも潮によっては底から浮いて来るので、その時はタナを浅く設定しましょう。
ウキの浮力設定を行います。
ウキの表示のガン玉をハリスに打ち、ツケエを付けて投入します。
この時、ウキの状態を確認します。
ウキのトップが、喫水面に接する位がベスト。
ウキが浮き過ぎていたらガン玉を追加、沈み過ぎていたらガン玉を小さい物に変更します。
浮力調整が終わったら、いよいよ釣りの開始です。
マキエを広範囲に打ち、魚を寄せます。
十分にマキエを効かせたら、仕掛けを投入します。
仕掛けの投入点を決めたら、マキエをその周辺だけに打ち込みます。
ウキにアタリが出たら、ウキが見えなくなるまで引き込まれてからアワセを入れるのがチヌ釣りの基本です。ただし、ウキにアタリがあってからの即アワセでないと掛からない場合もあるので、掛かりが悪いときはアワセのタイミングを色々試して下さい。
魚が掛かったら、ヤリトリをします。
竿を起こして、魚の浮き上がるのを待つのが基本です。竿と糸のテンションを目一杯掛けて、これが弛んだ時に一気にリールを巻き込み、竿と糸に目一杯テンションを掛けるのを繰り返します。足元まで寄せたら、タモ入れしましょう。

魚が釣れたら:ハリに注意しながら、魚を外しましょう。
外す時は仕掛けがグチャグチャにならないように、常に張った状態で作業しましょう。
釣った魚は〆てから血抜きをしてクーラーに入れるのがベストですが、慣れない間はすぐにクーラーに入れた方が良いでしょう。
※ストリンガーに掛けて、魚の食いが止まった時にまとめて〆るのが手際よいです。

釣りを終えたら:ウロコと内蔵を取っておくと、帰ってからの調理が簡単です。 なお、帰る前に釣り場をきれいにしましょう。

バーコード