TOP ≫ 魚釣り初心者へ ≫ サビキ釣り入門編

魚釣り初心者へ




竿:15号までのオモリに耐えられるもの。大人は3~5m程度。子供は2mまでのものが良いでしょう。

リール:2000~3000番クラスのスピニングリール

道糸:3号前後

サビキ:市販の物。小アジの場合は、ハリの表示が6号以下。20cm前後のアジは、ハリの表示が8号前後を目安にしましょう。

下カゴ:10号前後の下カゴオモリを、複数準備しましょう(紛失する場合があるので、必ず予備を準備しましょう)。

マキエ:ジャンボ(量は、3時間で一人半角程度)
道具については、基本的には釣り場近くの釣具店の店員さんに相談しながら購入するのが良いでしょう。 店員さんであれば、釣れている魚種とそのサイズを常に把握しています。

必要な結び:ユニノット

釣り場選択:車を横付けできる、足元の深い岸壁がオススメです。 足元が浅いと、サビキ釣りには向いていません。
※遠投サビキ釣りであれば、足元が浅くても水深の深い沖を狙うことが可能です。
遠投サビキ釣りについては、後ほど解説します。
釣り場選択も、釣り場近くの釣具店さんを利用することをオススメします。

釣り方:買ったばかりのジャンボは凍っているので、海水に浸して溶かします。
溶けたジャンボを下カゴに詰めて、海中へ投入します。
基本的に下カゴは、海底に着底させます。
※底で狙いの魚のアタリがない時、徐々に狙いを浅くします。もしくは、魚が海面から見えるときは、直接その層を狙ってみても構いません。
下カゴが着底したら、竿を大きく煽ってマキエをバラ撒きます。
マキエが効くまでテンポよく、何度も打ち返します。

1ポイントアドバイス!
魚のアタリがなくても常に、マキエを撒き続けることが釣果アップの秘訣です。
基本的には仕掛けを投入してから3分以内に仕掛けを回収して、次のマキエを投入して下さい。
時合いまでにいかにマキエを効かせるかが、重要なポイントです。

魚が釣れたら:ハリに注意しながら、魚を外しましょう。
外す時は仕掛けがグチャグチャにならないように、常に張った状態で作業しましょう。
釣った魚は〆てから血抜きをしてクーラーに入れるのがベストですが、慣れない間はすぐにクーラーに入れた方が良いでしょう。
※バケツに活かして、魚の食いが止まった時にまとめて〆るのが手際よいです。
釣りを終えたら:ゼンゴ、アジなどはその場で内蔵を取った方が、帰ってからの調理が簡単です。 なお、帰る前に釣り場をきれいにしましょう。

バーコード